劇場にて鑑賞



解説
テクノロジーの発展によって老化を克服し裕福な者は永遠に生きられる一方、
貧しい者は寿命のために働き続けなければならない近未来を舞台にしたアク
ション・サスペンス。
監督は『ガタカ』のアンドリュー・ニコルが務め、斬新な発想で時間に支配
された究極の格差社会を描き出す。
主演は、『ソーシャル・ネットワーク』のジャスティン・ティンバーレイク。
共演には『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライド、『ダークナイト』
のキリアン・マーフィら多彩な顔ぶれがそろう。

A Day In The Life


あらすじ
科学技術が進歩したことにより老化現象を解決した近未来、25歳で生体の成長
が止まると余命はあと1年という社会が構築されていた。
富裕層は寿命を気にしなくていい一方、貧しい人々は寿命を延ばすためにあくせ
く働き続けなければならなかった。
貧しい青年のウィル(ジャスティン・ティンバーレイク)は、時間と引き換えに
裕福な男性を殺した容疑を掛けられ、追われる身となってしまい……。

A Day In The Life


予告を観る限り、発想はおもしろくそこそこ期待させられるかと思っていたが、

評価をみると、かなり悪かったので、どうかと思いきや、案の定、つまらなかった。

時間を通貨と換算して、生活する社会が舞台となっている。近未来社会であろう。

25歳で成長が止まって、残りの余命は富裕層はそれを財産で買い、貧しい者は、

一日でも延ばそうとあくせく働く。

今の日本も一部の富裕層に対して、大半が年収が下がっていく苦しい生活を送って

いるのではなかろうか?

100年も余命があるブルジョアが、ウィルとバーで会う。そのブルジョアはこれ以上

生きることに意味を見出さなくなっていた。「おまえに残りの時間をやる」と言い残し、

命を絶つ。

その男性の死体が川の中で発見され、これは下層階級の強盗殺人ではないかとウィルに

容疑がかかる。

あるパーティーで知り合った女性、と逃げることに

なる。シルビア、アマンダ・セイフライドはブルジョア階層で、一部の富裕層が長生き

をし、その他の貧しい者が死ぬのは仕方のないことだという考えを持つ父親に反発して

いた。

お金の代わりに時間を提供するシーンと逃亡シーンがずっと続き、映画自体、短調で

眠気が襲ってきた。

もう少し工夫を凝らしてもらいたかったなぁ。

にほんブログ村に参加しています。
応援のクリックをお願いしますね。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村