映画館で観てきました。

スタジオジブリシリーズは昨年以来です。
A Day In The Life

解説
『ゲド戦記』以来、宮崎吾朗が約5年ぶりに演出を手掛けるファンタジックな要素
を排したスタジオジブリ作品。
16歳の少女と17歳の少年の愛と友情のドラマと、由緒ある建物をめぐる紛争を軸
に、真っすぐに生きる高校生たちの青春をさわやかに描いていく。
主人公となる少年少女の声を担当するのは、長澤まさみと岡田准一。
企画・脚本は宮崎駿。
さまざまな価値観が交錯する戦後の高度成長期を背景に、現代を生きることの意味
を見つめていくストーリーが感動を呼ぶ。

あらすじ
東京オリンピックの開催を目前に控える日本。横浜のある高校では、明治時代に
建てられた由緒ある建物を取り壊すべきか、保存すべきかで論争が起きていた。
高校生の海と俊は、そんな事件の中で出会い、心を通わせるようになる。

丘の上に立つ主人公の海の家からは、青い海が見渡せる。

そこでは亡き父親に今日も元気だと知らせる旗を掲げるのが朝の日課であった。

ちょうどその頃、カルチェラタンという高校の部活動の建物の存続が危ぶまれて

いた。その建物を守るために、日々、新聞で抗議を続けていた少年俊と意気投合

した海だった。

海のそばの街並みと東京オリンピックが開催される前の復興にわく日本の古き

良き時代が今の東日本大震災で疲弊した日本国民に夢を与えてくれそうな映画

である。

ストーリーはいたってシンプル。

カルチェラタンの存続と海と俊の恋愛、およびその出生がこの映画のキーと

なる。

小品ながらも、古き良き日本の風景を楽しみたい方にはフィットするかも

しれない。