アメリカには
トゥースフェアリー
と言う、
クリスマスにプレゼントを持ってくる
サンタクロースみたいな
迷惑極まりない言い伝え?
の妖精がいます。

そのトゥースフェアリーは
どんな妖精かと言うと、
子供の乳歯が抜け、
その抜けた歯を枕の下に入れて寝ると、
トゥースフェアリーが歯とお金を交換してくれている。
と言う言い伝えです。

そのおかげで、
トゥースフェアリーの肩代わりをする大人にとってはとっても迷惑なフェアリーなのですが、


乳歯が抜けはじめる真っ只中にハワイ島へ引っ越してきた娘は、
ジャンジャンバリバリ、
トゥースフェアリーからお金をもらっておりました。
(せなしゃーないやん?みんな信じてるし...)


ちなみに娘は抜けた歯1本につき、
$5もらってましたが、
中には1本につき
$20もらう子もいるそうです。


でも、まあ、ようやく最近、
歯の抜けるピークが去り、
トゥースフェアリーという、
面倒な肩代わりをしなくてもよくなってきたので、
最近ではすっかりトゥースフェアリーの事を忘れていました。



そんな昨日の夜。


私がせっせこキルト商品を作っていると、
もう寝る時間がとっくに過ぎてるのに、
私がまだ起きてるからと言う理由で、
なかなかベッドに行かない子供達。


はよ寝ーや!!

と言う私の横で、
ついには息子が爪切りをはじめました。


なんで、このタイミングで
爪切りやねん!!


私に突っ込まれても、
全く気にもしない息子は、
もくもくと自分の爪を切り続けておりました。

そして、1人だけ寝に行きたくない娘も
どさくさにまぎれ、
息子の爪切りについて、
ああだこうだ言い出しました。


〇〇くん!(兄の名前)
爪、めっちゃばら撒いてるやん!!
ソファーの上、爪だらけやで!


と、娘が息子に恒例の突っ込み。


すっげーやろ、オレの爪。
めっちゃあるねん!
全部集めたらすごい事なるで!
しかもな、硬いから刺すと痛いねん!

と、まあ、こちらも
相変わらずのおバカトークを繰り広げながら、自分の爪で、私を刺してきたりしてました笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き


まあ、ここまでの展開は
日常茶飯事なんですが、

この息子の爪を見た娘は、
何でそう思ったのか...


なあ...
この爪を枕の下に入れといたら、
ネイルフェアリーが来るんちゃう??
こんなにいっぱいあったら、
お金めっちゃもらえるでーニヒヒ


と、言い出したんです笑い泣き

そして
息子も息子で

ほんまやなー
でも、さすがに爪やからな、
1つにつき1セントくらいしかもらわれへんのちゃうか??
枕の下にめっちゃ1セント貯まるでニヒヒ


とか言い出したので
慌てて私は


アホか!!
トゥースフェアリーでも迷惑してるのに、
ネイルフェアリーなんかおったら、たまらんわ!!
そんな汚ったない爪と
誰が1セントも交換してくれるねん!!


と言いましたが
2人はネイルフェアリーについて
大盛り上がり...ゲロー


ゲラゲラ笑う子供達の横で
私もふと思いました。

ネイルフェアリーがおるんやったら、
私にも抜け毛フェアリーか
白髪フェアリーがこないかな...

と...


枕の下に入れといたら、
かなり、お金がもらえると思うんですよ...
デレデレデレデレデレデレデレデレデレデレ