1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-02-24 23:16:18

20代の成長曲線を大きくするために

テーマ:もじゃ夫の日常

  こんばんわ

昨日の夜に大阪に到着し、今日はimok's Mentorship In大阪Day1。いつものホテルがとれなかった為、久しぶりのアパに滞在しておりますが、相変わらずの狭さにビックリです(笑)

 

 新幹線の中で、先日若いトレーナーさんに聞かれた「20代の内に何をしておくべきか?」といった質問がふと頭をよぎったので、その時に話したことを簡単に綴ってみようかと

 

 これは、その人が「どういった人生を送りたいのか?」「どの山を登りたいのか?」によって正解は変わってきますが、その方が現段階では一定の高みを目指しているということだったので、それに基づいて考えると.......

 

 超ザックリと2つに分類すると

①人より量を積む

②人より質を高める

 

 一般的に、20歳前後で専門家やビジネスパーソンとしての大きな能力の違いは見られない為、己を高めようと思ったら、圧倒的な勉強量や体験量(インプット)→圧倒的な思考量→圧倒的な仕事量&価値提供(アウトプット)を積むのが手っ取り早く、世の中的には「ワークライフバランス」という言葉が拡がっているので、上記の差は創りやすいと思います

 

 そして、「質」を高めるということを考えた時に、以前も書かせて頂いた様に、いきなり「アウトプットの質」を高めることは難しい為、先ずは「インプットの質」を変えていくことが効果的!と考えています

 

 皆がアメリカに留学するのであれば、アジアとか中東に留学してみたり、旅行に行くにしても、皆がいわゆる観光地トップ10みたいな所にいくのであれば、それ以外に行ってみたり。語学を学ぶにしろ、英語を話せる(学ぶ)トレーナーは一定数いるけれど、中国語を話せる(学ぶ)トレーナーはほとんどいませんよね

 

 専門書や専門力を高めるセミナーに行く人は多いけれど、ビジネスセミナーや講演会などに行く人はほとんどいませんし、安く受けやすいセミナーに参加をする人は多いけれど、10万円以上する様なセミナーに参加をする人は少ない訳です

 

 ここら辺は、運動指導と全く一緒で、インプット→処理&統合→アウトプットな訳ですから、インプットに問題があるのに、適切なアウトプットは出来ない訳ですから、アウトプットの質を高めたいのであれば、インプットの質を見直すことも重要な訳です

 

 また、上記を如何に早い段階で行っておくかが大切で、若ければ若いほど、「まだ若いのにスゴイ!」となり、色々な仕事を任せて貰える様になるなど、質の高い経験を積むことができます

 

 そして、それ以上に大切かつ経験すべき通過儀礼としては、「勘違いに基づいたプライドを粉々に壊すこと」だと思います

学生の方や若いトレーナーの方と話をしていても感じる事が多いのは、知識レベルが高い人は多いけれど、上記の誤ったプライドがあるせいで、必死に、一生懸命、泥にまみれて努力をし続けられる人が意外に少ない様に感じます

 

 必死になって努力をして、それでも超えられない壁にぶつかることで、己の無力さを知り、弱さと向き合い、それでも乗り越えようと、もがき続ける。そういった経験を20代で詰めるかどうかが、今後成長をしていく上でとっても大切。その為にも、多くのことに挑戦するなど、量を積むということが重要なのではないでしょうか?

 

としお

 

 

mok's Mentorship ModuleⅠ~Bodywork for Movement Development~ 九州2期
 
日程:2017年3月10日(土)、11日(日)、4月7日(土)、8日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:エイムアテイン 博多駅前会議室(博多口 徒歩2分)
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-19 21:47:08

価値貢献と成長

テーマ:もじゃ夫の日常

  「どれだけ貰えるか?」ではなく、「どれだけ価値貢献出来るか?」「どれだけ与えられるか?」が大切なんですよね

 

 良い人アピールやキレイごとが言いたい訳ではなく(笑)


  日頃から、「どれだけ与えられるか?」、「どれだけ貢献出来るか?」という視点で物事を考えていると、自然と「相手が何を求めているのか?」、「何かお困りごとはないか?」という「問題発見」に繋がりやすく、それがそのままビジネスの種になりますよね

 

 その上、「価値を出す」という意識や「アウトプットをする」という意識も持ちやすくなり、価値を出す為&アウトプットをする為には、「インプット」が必要であり、「思考をすること」が必要になりますので、「インプット→思考→アウトプット」という成長のサイクルを速めてくれます

 

 「価値貢献」への意識が高いチームと低いチームに所属をするのでは、どちらが成長をするでしょうか?


  ミーティングや研修の最中も「今日は何か価値貢献した?」と、投げかけることが多々ありますが、参加をしているだけの会議やミーティングなど何の意味も無い訳です

 

 これから4月になると、街中が「The新卒」といったフレッシュな方々で溢れる訳ですが、そうした新卒社員や若い方が初めに持つべき心構えの1つとして、「価値貢献への意識」が挙げられ、こうした考えを若い内に学ばずして年を重ねていくと、新卒から10年くらい経った頃には、取り返しが付かないくらいの大きな差になりますよね

 

 「得ている対価以上の価値提供が行えているか?」


  日々自問自答を繰り返すことが成長の第一歩かもしれませんね


{671BF127-17C2-4034-AA54-D20C4962C16F}

本日も締めはトレーニング

 


としお

 

 

 

東京、大阪、福岡でimok's mentorshipを開催させて頂きます‼

 

 なお、機能改善の為のボディワークのやり方はもちろんのこと、「なぜ?なんで?」が徹底的に学べるだけでなく、より受けやすく、学びやすい様に、imok's Mentorshipは事前の「機能解剖資料」をプレゼントさせて頂くだけでなく、受講料を169,800円に変更し、再受講を希望の場合も1日8,000円とさせて頂きます。更にテキストは第4版と最新の内容にブラッシュアップされておりますので、ぜひ2018年を飛躍の1年にする為にもどうぞ!

 

 

⑤imok's Mentorship ModuleⅠ~Bodywork for Movement Development~ 関西3期
 
日程:2018年2 月24日(土)、25日(日)、2018年3月17日(土)、18日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:姿勢改善専門スタジオBe-style 大阪店
御堂筋線 本町駅 徒歩3分
 
 
 
⑥imok's Mentorship ModuleⅠ~Bodywork for Movement Development~ 九州2期
 
日程:2017年3月10日(土)、11日(日)、4月7日(土)、8日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:エイムアテイン 博多駅前会議室(博多口 徒歩2分)
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-16 20:08:59

学びの選択基準

テーマ:もじゃ夫の日常

  こんばんわ

明日からimok's Mentorship ModuleⅠIn東京がスタート


  テキストも理論編が第4版、実技編が第3版となり、トータルのスライド数が484枚と進化成長しています


{C3AD010B-0D20-4D14-8150-1F6A00D18B8D}

 

 様々な学びが溢れる現代だからこそ、自分の「軸」や「幹」となるものが大切で、「軸」や「幹」があるからこそ、新たに何かを学んだ際も、そこに肉付けをしたり、枝葉を挿していったりすることが出来ますので、4日間+メンターシップ後もフォローをさせて頂きながら、一緒にそうした「軸」や「幹」を創っていければと考えております

 

 過去に受講者の方から、「小林さんはセミナーなどに参加をする際、何を大切にして選んでいますか?」といったご質問を頂きました


  自分自身は選択において何を大切にしているか?というと、単純に内容に興味があるなど、いくつか大切なポイントはありますが、「誰から学ぶか?」といったことは特に重視をしており、上から目線の様になってしまい恐縮ですが、その講師の方が日頃から様々な学びを行っているかどうか?ということは重要だと考えています

 

 なぜなら、絶対的な考え方やメソッドが無い以上、1つのことしか学んでいなければ、どうしても「抜け」や「漏れ」というものが生まれやすい訳です。しかし、そこに気が付くことなく盲目的に1つのことを信じてしまうのは、危険ではないでしょうか?

 

 例えば、「Aは素晴らしいものです。」と言っている方がいて、その方がAということしか学んでいないのに、「Aが良い」ということと、AからZまでを学んだ上で、「Aが良い」ということは全く異なります

 

 もちろん、1つのものを徹底的に突き詰めることで、見えてくる世界があると思いますので、自分の考えが正しいとか、間違っているということが言いたいのではなく、自分自身の判断基準として上記の考えがあります

 

 また、過去に多く頂いていた質問として「Pilatesの団体や養成ってたくさんありますが、何を基準に選んだらよいですか?」といったものがあります

 

 僕の場合は、「Pilates」が学びたかった訳ではなく、「姿勢改善や機能改善、パフォーマンスの向上に効果的な方法」が学びたくて、その手段として当時はPilatesが最適だと考えており、「上記の目的に沿った内容を学べる団体がどこか?」という観点から選択をしたことと、代表である匠司さんがATCであり、メジャーリーグの現場なども経験され、ストレングスなどにも精通されているというのが、10年前にPHIを選んだ大きな理由です

 

 貴重な時間とお金を掛けて受講してくださる方に、講師を務めさせて頂く人間としては、盲目的に何かを信じて伝えるのではなく、常に懐疑的な思考を持って、磨き上げたものをお伝えしていきたいと考えています

 

 先ずは明日、明後日のDay1、Day2、魂込めて頑張ります

 

としお 

 

 

東京、大阪、福岡でimok's mentorshipを開催させて頂きます‼

 

 なお、機能改善の為のボディワークのやり方はもちろんのこと、「なぜ?なんで?」が徹底的に学べるだけでなく、より受けやすく、学びやすい様に、imok's Mentorshipは事前の「機能解剖資料」をプレゼントさせて頂くだけでなく、受講料を169,800円に変更し、再受講を希望の場合も1日8,000円とさせて頂きます。更にテキストは第4版と最新の内容にブラッシュアップされておりますので、ぜひ2018年を飛躍の1年にする為にもどうぞ!

 

 

⑤imok's Mentorship ModuleⅠ~Bodywork for Movement Development~ 関西3期
 
日程:2018年2 月24日(土)、25日(日)、2018年3月17日(土)、18日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:姿勢改善専門スタジオBe-style 大阪店
御堂筋線 本町駅 徒歩3分
 
 
 
⑥imok's Mentorship ModuleⅠ~Bodywork for Movement Development~ 九州2期
 
日程:2017年3月10日(土)、11日(日)、4月7日(土)、8日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:エイムアテイン 博多駅前会議室(博多口 徒歩2分)
 
 
 
概要:「Bodywork for Movement Development」とは、姿勢改善、機能改善、パフォーマンスアップに特化をした、動きを育てる為のボディワーク。エクササイズの為のエクササイズではなく、カウンセリングと評価に基づき、現在の状態から、クライアントの動因(目的や欲求)を安全に、効果的かつ効率的にサポートする為の方法を学んでいきます。
 
 また、学んだボディワークを「浪費」や「消費」として終わらせるのではなく、費用対効果の高い「投資」に変えて頂ける様、学んだことを生かして独立をしたり、スタジオを構えて経営が出来る様に、ボディワーカーやトレーナー、セラピストとして活躍をする上で必須のビジネス力を向上させる為のレクチャーおよびサポートも行わせて頂きます。
 
 6~8名の少人数制の為、質問がしやすいだけでなく、実技練習の際に講師が細かくサポートを行わせて頂く為、ご自身が効果を体感して頂けます。また、受講生だけのフェイスブックグループを作成し、講習日以外も気軽に質問をしたり、学びのシェアが行えます。
 
≪Body Work for Movement Development概論≫
・ボディワークの歴史と変遷
・Body Work for Movement Developmentとは
・トレーニングシステムとボディワーク
・共通理解を創る為の用語解説
・パフォーマンスアップの為の戦略など
 
≪ボディワーカーに必要な機能解剖学&運動生理学≫
・機能解剖学とボディワーク
・運動単位とサイズの原理、Length Tension Relationship
・筋紡錘とゴルジ腱および反射とは
・呼吸および循環の生理学
・感覚システムに関わる生理学
・低閾値と高閾値&ソフトコアとハードコアに関する生理学など
 
≪ボディワーカーに必要なバイオメカニクス≫
・ボディワーカーに必要なバイオメカニクスの基礎知識
・支持基底面、COM、COG、COPとは
・ニュートンの法則
・姿勢の戦略、動的安定化の戦略
・上行性生運動連鎖と下行性運動連鎖
・バイオメカニクスの考え方を活用した姿勢と動きの見方
・力の出力と方向から考えるエクササイズの考え方など
 
≪ボディワークにおけるカウンセリング及びアセスメント≫
・カウンセリングとアセスメント 概論
・モチベーションとは
・カウンセリングに必要な考え方および技術
・カウンセリングと感覚システム
・スクリーン、テスト、アセスメントとは
・姿勢の評価、動きの評価
・TED、JMD、SMCDの見分け方
・アセスメントトライアングルを用いた評価法
・カウンセリングおよびアセスメントの実践など
 
≪ボディワークにおける呼吸の概念≫
・呼吸に関する機能解剖学および生理学的な観点
・様々な呼吸(安静時呼吸と努力性呼吸、シンクロ呼吸とパラドクス呼吸)
・呼吸筋およびZOAとリブフレア
・オープンシザースシンドロームとアワーグラスドシンドローム
・腹腔内圧とコアスタビリティ
・姿勢および動作と呼吸の関係性
・ボディワークを活用した呼吸改善法など
 
≪コレクティブエクササイズ&ムーブメントプレパレーションとボディワーク≫
・コレクティブエクササイズとは
・コレクティブエクササイズの戦略
・モビリティエクササイズとは
・モーターコントロールエクササイズとは
・ボディワークを活用したコレクティブエクササイズの実践
・ムーブメントプレパレーションとボディワークなど
 
≪発達運動学を活用した有機的な連続体としての修正-応用≫
・修正&応用の広義的、狭義的な考え方
・3面3軸とエクササイズ
・ムーブメントパターンとエクササイズ
・修正と応用の実践
・発達運動学とポジショニングなど
 
≪運動学習とコーチング≫
・明示的学習と暗示的学習
・フィードフォワード制御とフィードバック制御
・キューイングの種類と感覚器
・フィードバックの種類
・インターナルキューイングとエクスターナルキューイング
・キューイングマトリクスなど
 
≪ビジネス概論≫
・ビジネスとは?
・高めるべき4つの価値
・パーソナルトレーナー、インストラクター、ボディワーカーのステージ
・ビジネスモデルの創り方
・ターゲティングとロイヤルカスタマー
・新規集客の考え方とやり方
・スタジオ開業および経営など
 
≪70種類以上のエクササイズの実践及び指導練習≫
実施エクササイズの例
現場で使うことの多いエクササイズを、徹底的に「なぜ?」「なんで?」を掘り下げながら行っていきます。
 
 
以下はあくまで例となりますが、4日間でこれより多くの種類のエクササイズを行っていきます。
 
 
・呼吸エクササイズ・インクリネイション・サービカルエロンゲーション・3MP→DNFエクササイズ・4.5MP→ローオブリーク・ロールアップロールダウン・ローリング(F、E)・スワンOnエルボー、Onハンド・パピー・ローオブリークツイスト・ローオブリークFAAD・ローオブリークFAAB・ローオブリークAFIR・ローオブリークAFIRリフト・サイドゲットアップ・4スタンスストレッチ・マルチロッキング・4スタンスエアプレーン・クローリング・プッシュアップバリエーション・3ディメンショナルスパインストレッチ・シンボックス・クラブ ダイアゴナルタッチ・クラブ・ハーフニーリングフロンタルヒップムーブ・ハーフニーリングカーフレイズ・ニーリングヒップヒンジ・ニーリングステップ・RDL・スクワット各種・シングルレッグEX・ランジ各種・ランニングカーフレイズ&More
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。