パーソナルトレーナー進化論~講師としての活動~ | Style Reformer 小林俊夫 Official Blog
2014-12-11 17:45:42

パーソナルトレーナー進化論~講師としての活動~

テーマ:ビジネス

 こんにちわ


昨日の朝は5時に起きて朝トレ


その後、半身浴しながら読書してたら


汗ダクダク


朝からスッキリです♪



 前回


「パーソナルトレーナー2.0」について


書かせて頂きました所


やはり、「講師業」について


色々とご質問を頂きましたので


そちらについて書かせて頂きますね



 講師という志事については


「経験が浅い若手のトレーナーが行うべきでない」


「若いうちから挑戦をしてみると良い」など


色々な意見があるかと想いますが



 講師業に関する個人的なスタンスとしては


以下の3つの観点から、年齢や経験年数は


特に問題では無いと考えています



①その時々によって伝えられることが違う


②量×質の問題


③需要と供給で市場の判断に任せる



 どういうことかと言いますと


①に関しては



 15年目のスーパートレーナーと


3年目の中級トレーナーがいるとして



 15年目のスーパートレーナーだからこそ


伝えられることもあれば



 3年目の中級トレーナーだから


伝えられることもあるということ



 例えば


受講者が新人の方や


これからトレーナーを目指そうとしている方の場合



 15年目のスーパートレーナーの講義を受けた時に


その方にとって、良い学びになることもあれば



 「〇〇さんだから出来るんだよな~」と思ってしまったり


「そうは言うけど、〇〇さんの時とは時代が違うよな~」と


思ったりする場合もあり



 逆に


年齢や経験年数が近い


3年目の中級トレーナーの方が


親近感や健全な危機感を持ったり


相手に響く場合もありますよね


 ②については


個人的にはその方の能力は


もの凄く端的に言えば



「量×質」による所が大きく


1日20時間研鑽を積むトレーナーと


1日4時間の研鑽を積むトレーナーでは


2年目も10年目も掛け算すれば一緒ということと



 10年、15年行っていても


毎日30%で過ごしている人と



 3年の経験でも毎日100%で過ごしている人では


どうなのかと



 長い経験の中で得るものもありますし


その経験を通してしか得られないものが


あるのも事実ですが



 経験年数が長い=GOODなトレーナーでは


必ずしも無いということと



 また、ちょっと上記とは外れますが


「名選手 名監督に非ず」で



トレーナーとしての経験が長いからといって


トレーナーとしての能力が高いからといって


講師としての能力が高いかは別物だということ



 最後に③に関しては


公的資格が無い以上


誰でも「講師」として活動をすることができますが



 「受講生」がいなければ


「講師」にはなれず



 マーケティングなどをどんなに学び


初期集客だけ上手くいったとしても



 その講師やセミナーに魅力がなければ


継続性が無い為、最終的には自然淘汰されるので


市場の原理に任せれば良いのではないか?


ということです



 そして


パーソナルセッションをするのと同じ様に


講師という志事も、人の人生に大きく関わる志事ですので


安易な気持ちで始めるものではありませんが



 本気でやりたいのであれば


より多くの方の人生に貢献をすることができ


それと同時に、たっくさんの何かも得られる


本当に素晴らしい志事ですので



 最大限の準備をした上で


挑戦をしてみれば良いのではないかと想います



 ただその前に


以下の公式を知っておいた方が


良いですよ!!



という所で 次回につづく・・・・・・・(笑)

2か月で理想のカラダを創る Toshio Kobayashiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス