1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2018-02-27 19:29:50

トレーナーに求められる思考力の向上と言語化

テーマ:もじゃ夫の日常

  こんばんわ

週末は大阪で8時間×2日+日曜日はメンターシップが終わってから、メンターシップ卒業生向けの勉強会を開催

 

 実際にBodyworkを活用した評価を行い、その評価から何を読み解き、どの様に解の方向性を定め、具体的なエクササイズなどのアプローチに落とし込んでいくかを実践&解説していきました

 

 また、いつも自分で自分を誉めるのですが(笑)ホテルに戻ってから、勉強会で解説した内容を文章化して、メンターシップ受講生限定のフェイスブックページでシェアリング

 

 実際に行っている行動は目に見えるけれど、その行動の背景にある考え方は目には見えず

事実は1つなれど解釈は無数な訳です

 

 その為、その評価から何を読み解き、何に基づいてその様な解決の方向性を考え、どういった観点から具体的なエクササイズなどを選択し、プログラミングしているのか?といったことを言語化してお伝えすることが、重要なんじゃないかなと

 

 そうすると、自分ではこう考えていたけれど、そういった観点から見ることも出来るな!とか、物事を考える視点が拡がっていくと思うんですよね

 

 もちろん、誰がやっても必ず原因に辿り着ける評価法があればよい訳ですが、多くの評価は定性的なものが多く、また定量的に点数を付けるものなどでも、その点数の付け方の基準が属人性が高いものが多い為、「絶対的な評価法」というものは、なかなか無いと思うんですよね

 

 その為、現場ではトレーナーに高い思考力が求められる訳で、imok's Mentorshipでは、ただ情報や知識を提供したり、エクササイズを行ったりするだけでなく、様々な形で受講者の方の思考力を高めるサポートが出来ればと考えています

 

 今週末は、東京でモジュールⅠのDay3&4からの経営合宿


お陰様でやる事盛り沢山ですが、楽しみながら頑張りまーす♪

 

 

{62DB11E1-461E-41AC-A2F7-7D7997801591}

 

今週のimokな月曜日の1枚

 

としお

 

 

imok's Mentorship ModuleⅠ~Bodywork for Movement Development~ 九州2期 
 
あと1名様のみ空きがございます
 
日程:2017年3月10日(土)、11日(日)、4月7日(土)、8日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:エイムアテイン 博多駅前会議室(博多口 徒歩2分)
 

名古屋開催‼

Monitoring&Assessment Systemに基づく機能改善アプローチ」~ボディワークを活用した機能評価とコレクティブエクササイズ~

 

日時:3月25日(日)13:00~18:00

 

会場:株式会社マタドール・パーソナルトレーニングジム      

    名古屋市東区東桜1-10-35 セントラル野田ビル 7階

 

料金:10,800円(税込み)

 

お申込み:http://tokaitrainerlab.wixsite.com/mysite/blank-5

 

 

講師:imok株式会社 代表取締役 小林俊夫

   

鍼灸あん摩マッサージ指圧師、NASM-PES、CFSC、FMS&SFMA LevelⅠ&Ⅱ    

PHI Pilates Comprehensive Instructor 、PHI Pilates Rehabilitation Specialist

DNS Exercise CourseⅠ&Ⅱ修了、PRI Myokinematic Restration、Postural respiration修了、

PRI Pilates修了、NAP ModuleⅠ&Ⅱ修了など

 

内容:Pilatesをベースに、DNSやPRI、FMS、SFMA、NASM、CFSC、GRIP APPROACHなど、様々な最新のトレーニング&コンディショニング法の観点を加えた、機能評価及びコレクティブエクササイズとしてのボディワークの理論と実践を学んでいきます。

 

ボディワークは、エクササイズが機能評価であり、機能評価が改善の為のエクササイズにも成り得るだけでなく、クライアント自身のモニタリングとしても活用できる為、トレーナーからだけではなく、クライアント自身も変化を感じやすいのが特徴です。

 

今回はボディワークをベースとした「Monitoring&Assessment System」を用いて、「基本となる動き」の評価を行い、クライアントの動きが制限されているメジャーポイントを発見し、改善していきます。

 

・Bodywork for Movement Developmentとは

・クリニカルリーズニング概論

・トップダウン評価とボトムアップ評価

・Monitoring&Assessment Systemとは

・Monitoring&Assessment Systemに必要な機能解剖学&運動生理学

・Monitoring&Assessment Systemの実践

・ボディワークを行う上でのポイント

・機能改善及びパフォーマンスアップの為のボディワークの実践など

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-25 08:05:52

3月25日は東海スポーツトレーナー研究会!

テーマ:トレーナーの専門知識

 おはようございます

ご案内が遅くなってしまいましたが、3月25日(日)は、東海スポーツトレーナー研究会様にて講師を務めさせて頂きます

 

 久しぶりの名古屋で今から楽しみにしております

皆様のご参加を心からお待ちしてます♪

 

Monitoring&Assessment Systemに基づく機能改善アプローチ」~ボディワークを活用した機能評価とコレクティブエクササイズ~

 

日時:3月25日(日)13:00~18:00

 

会場:株式会社マタドール・パーソナルトレーニングジム      

    名古屋市東区東桜1-10-35 セントラル野田ビル 7階

 

料金:10,800円(税込み)

 

お申込み:http://tokaitrainerlab.wixsite.com/mysite/blank-5

 

 

講師:imok株式会社 代表取締役 小林俊夫

   

鍼灸あん摩マッサージ指圧師、NASM-PES、CFSC、FMS&SFMA LevelⅠ&Ⅱ    

PHI Pilates Comprehensive Instructor 、PHI Pilates Rehabilitation Specialist

DNS Exercise CourseⅠ&Ⅱ修了、PRI Myokinematic Restration、Postural respiration修了、

PRI Pilates修了、NAP ModuleⅠ&Ⅱ修了など

 

内容:Pilatesをベースに、DNSやPRI、FMS、SFMA、NASM、CFSC、GRIP APPROACHなど、様々な最新のトレーニング&コンディショニング法の観点を加えた、機能評価及びコレクティブエクササイズとしてのボディワークの理論と実践を学んでいきます。

 

ボディワークは、エクササイズが機能評価であり、機能評価が改善の為のエクササイズにも成り得るだけでなく、クライアント自身のモニタリングとしても活用できる為、トレーナーからだけではなく、クライアント自身も変化を感じやすいのが特徴です。

 

今回はボディワークをベースとした「Monitoring&Assessment System」を用いて、「基本となる動き」の評価を行い、クライアントの動きが制限されているメジャーポイントを発見し、改善していきます。

 

・Bodywork for Movement Developmentとは

・クリニカルリーズニング概論

・トップダウン評価とボトムアップ評価

・Monitoring&Assessment Systemとは

・Monitoring&Assessment Systemに必要な機能解剖学&運動生理学

・Monitoring&Assessment Systemの実践

・ボディワークを行う上でのポイント

・機能改善及びパフォーマンスアップの為のボディワークの実践など

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-24 23:16:18

20代の成長曲線を大きくするために

テーマ:もじゃ夫の日常

  こんばんわ

昨日の夜に大阪に到着し、今日はimok's Mentorship In大阪Day1。いつものホテルがとれなかった為、久しぶりのアパに滞在しておりますが、相変わらずの狭さにビックリです(笑)

 

 新幹線の中で、先日若いトレーナーさんに聞かれた「20代の内に何をしておくべきか?」といった質問がふと頭をよぎったので、その時に話したことを簡単に綴ってみようかと

 

 これは、その人が「どういった人生を送りたいのか?」「どの山を登りたいのか?」によって正解は変わってきますが、その方が現段階では一定の高みを目指しているということだったので、それに基づいて考えると.......

 

 超ザックリと2つに分類すると

①人より量を積む

②人より質を高める

 

 一般的に、20歳前後で専門家やビジネスパーソンとしての大きな能力の違いは見られない為、己を高めようと思ったら、圧倒的な勉強量や体験量(インプット)→圧倒的な思考量→圧倒的な仕事量&価値提供(アウトプット)を積むのが手っ取り早く、世の中的には「ワークライフバランス」という言葉が拡がっているので、上記の差は創りやすいと思います

 

 そして、「質」を高めるということを考えた時に、以前も書かせて頂いた様に、いきなり「アウトプットの質」を高めることは難しい為、先ずは「インプットの質」を変えていくことが効果的!と考えています

 

 皆がアメリカに留学するのであれば、アジアとか中東に留学してみたり、旅行に行くにしても、皆がいわゆる観光地トップ10みたいな所にいくのであれば、それ以外に行ってみたり。語学を学ぶにしろ、英語を話せる(学ぶ)トレーナーは一定数いるけれど、中国語を話せる(学ぶ)トレーナーはほとんどいませんよね

 

 専門書や専門力を高めるセミナーに行く人は多いけれど、ビジネスセミナーや講演会などに行く人はほとんどいませんし、安く受けやすいセミナーに参加をする人は多いけれど、10万円以上する様なセミナーに参加をする人は少ない訳です

 

 ここら辺は、運動指導と全く一緒で、インプット→処理&統合→アウトプットな訳ですから、インプットに問題があるのに、適切なアウトプットは出来ない訳ですから、アウトプットの質を高めたいのであれば、インプットの質を見直すことも重要な訳です

 

 また、上記を如何に早い段階で行っておくかが大切で、若ければ若いほど、「まだ若いのにスゴイ!」となり、色々な仕事を任せて貰える様になるなど、質の高い経験を積むことができます

 

 そして、それ以上に大切かつ経験すべき通過儀礼としては、「勘違いに基づいたプライドを粉々に壊すこと」だと思います

学生の方や若いトレーナーの方と話をしていても感じる事が多いのは、知識レベルが高い人は多いけれど、上記の誤ったプライドがあるせいで、必死に、一生懸命、泥にまみれて努力をし続けられる人が意外に少ない様に感じます

 

 必死になって努力をして、それでも超えられない壁にぶつかることで、己の無力さを知り、弱さと向き合い、それでも乗り越えようと、もがき続ける。そういった経験を20代で詰めるかどうかが、今後成長をしていく上でとっても大切。その為にも、多くのことに挑戦するなど、量を積むということが重要なのではないでしょうか?

 

としお

 

 

mok's Mentorship ModuleⅠ~Bodywork for Movement Development~ 九州2期
 
日程:2017年3月10日(土)、11日(日)、4月7日(土)、8日(日) 各09:00~18:00 計32時間
 
会場:エイムアテイン 博多駅前会議室(博多口 徒歩2分)
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。