スリービルボード | 庭と猫とスケッチブック

庭と猫とスケッチブック

ご訪問ありがとうございます。
イラストや絵や日々の出来事を、気ままに綴ります。

このブログに掲載されている作品の無断転載・転用は固くお断りします。


テーマ:

 

思っていたのとは違うけど、良い映画でした。

 

以下ちょっとネタバレです。

 

娘を殺されたミルドレッドは、進まない捜査に苛立ち、3つの看板広告を出します。

「娘は殺された」「犯人は捕まらない」「なぜ?ウィロビー署長」

この広告に反感を持ったレイシスト警官のディクソンは、

ミルドレッドや広告会社のレッドを激しく攻撃します。

 

なかなか捜査しようとしないので不思議に思っていたのですが、

どうやらこの映画はサスペンスミステリーではなく社会派ドラマのようです。

 

 

ディクソンが胸糞悪くて

「なんなんだ?この凶暴ママボーイは!」と思っていたのですが

中盤以降、変化が見られます。

 

彼が怒っていたのは、ミルドレッドでもなくレッドでもなく・・・

もしかして自分自身?

 

もしくはお母さん?

 

 

はっきりとは分からないのですが

おそらくディクソンは同性愛者です。

 

そしてそこは保守的な田舎町。

 

子供の頃から、母親の差別的な言動を刷り込まれ、

母親や狭いコミュニティから蔑まれる人間にならないよう、

「こっち側」の人間でなければならない。

 

でも本当の自分は「あっち側」。

一生懸命気づかないようにして、認めないようにして、

ギリギリのラインで生きてきたのでしょうね。

自分でない人間として生きるって、すごーく精神的に悪いんです。

おかしくもなるわ。

 

署長の死後に届いた手紙をきっかけに、

必死で築いてきた「こっち側」の壁が溶けていった感じです。

 

 

 

ミルドレッドも変わり始めます。

怒りと憎しみで心をいっぱいにしていると、大切な家族や友人を傷つけてしまう。

 

最後、ディクソンの言葉に彼女が笑うんです。

そういえば映画が始まって初めての笑顔!

悪い呪いが解けたようでした。

 

 

 

生きていると「怒り」が出ることがあります。

自然で大事な感情です。

 

でもそれは、本当に目の前のことに向けた怒りなのか?

「ゆるす」って誰を?

 

「怒りとゆるし」という、深いテーマでした。

 

 

nabekoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス