女と男の観覧車 | 庭と猫とスケッチブック

庭と猫とスケッチブック

ご訪問ありがとうございます。
イラストや絵や日々の出来事を、気ままに綴ります。

このブログに掲載されている作品の無断転載・転用は固くお断りします。


テーマ:

原稿待ち中。

とはいえフリーランスの辞書に「暇」という文字はない。

 

展示用の絵を描かなきゃ!

営業もしなきゃ!

確定申告もしなきゃ!

 

でも本当に焦っているのはこういうことではありません。

気づきたくなかったけど

認めたくなかったけど

やっぱり自分はごまかせないや。

 

思うような絵が描けません!(涙)

 

これは焦るわ。

どうやら塗りが弱点のようです。

長年マックに頼ってきたからねえ。

今まで甘やかしてくれてありがとう、マックくん。

 

海と木と黄色い車の絵が描きたかったけど、どうしてもうまく描けず。

そういう時は、初心に帰りましょう。

まずはシンプルな構図から。

 

 

慎重さが出てしまい、大胆にはなれなかったけど、

色むらを少し抑える練習ができました。

少しずつ崩して自分の線を探ります。

 

 

 

ウディアレンの「女と男の観覧車」を観ました。

以下、少々ネタバレになります。

 

 

ウディ・アレンのファンですが、作風が変わった?

 

「ブルージャスミン」もそうでしたが、イタい人がイタすぎて・・・

希望がないまま「この人大丈夫か?」という感じで終わります。

問題全く解決せず。

 

「誘惑のアフロディーテ」の時のように

人生とはなんと悲しく、なんと素晴らしいのだろう!!!

と震えるような感動はまったくありませんでした。

(ウディファンの方ごめんなさい。)

 

 

 

 

 

 

nabekoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス