今日はL'ATELIER de Joel Robuchon

ランチ食事に行ってきましたドキドキ


   
      (画像はHPよりお借りしております)


毎回ここに行く度に思うのは、一見安定の悪そうな椅子なのに

一度座ってしまうと、とても落ち着くから不思議ぐるぐる



    



を基調とした内装も、お洋服だって1つ配分を間違えたら

下品になりがちなのに、なぜかシャープ&モダンキラキラで、

清潔感すら感じてしまうから感心してしまいます目



今日はMENU DU JOURというコースをチョイス音譜



アミューズで小さなフランスパンに鴨アヒル のリエットが

乗ったものをいただいた後は、のサンゴサンゴのような

形のカゴに入った4~5種類のパン食パン音譜



その後は秋刀魚と秋茄子のバロティーヌ仕立て


バロティーヌ仕立て、の意味はよくわかりませんでしたが

(とぃぅのも会話に夢中で説明をあまり聞いていなくて・・・あせる


真ん中に秋刀魚うお座がいて、そのまわりを秋茄子ナス

ぐるっと取り囲んだような形態をしていますグッド!あせる



ふにゃふにゃ&くたくたのお茄子が美味しくて、

お魚は、酸味があったらどうしようはてなマーク

訳のわからない心配をしていましたがもったりとしていて

ちっともケンカしていませんでしたチョキ



続いては、肉厚椎茸椎茸のタルト

コロナータ産ラルドの薄いベールで覆って


・・・またしても会話に夢中で、今HPを見ながらメニューを

そのまま書いてみたものの、ラルドって何はてなマークはてなマーク



記憶によると、確かに椎茸椎茸が薄いベールで覆われていました汗

あ、今調べてみたところ、ラルド=ラードだそうですキラキラ



ものすごく薄い衣のつぃた天ぷらみたいと思ったのですが

あながち遠くないかもはてなマーク(ぃゃ、結構遠いですね汗



記憶に残っているのは、何枚かにカットされた椎茸椎茸

見た目がかなり大きくて、スーパーで見かけるような

椎茸椎茸とは訳が違うジャンボサイズだったことです目



スライスされた椎茸椎茸を食べているはずが、

毎回口に入れる度に丸々1個の椎茸を食べている感じ。



文字通り「肉厚」です音譜



続いてはメインキラキラ・・・なのですが、ごめんなさいあせる

なんと私が食べたメニューがHPに載っていないので

記憶がさらに曖昧です・・・汗

本当にごめんなさいあせる


メインはスズキうお座にしましたキラキラ


スズキのグリルだったかと・・・・・・・・あせる

皮がパリパリで、中はふっくらでした(←稚拙ビックリマーク


でもデザートについては語れます!!



デザートは、巨峰ブドウを赤ワインワインのコンポートに

フロマージュブランのムースとローズマリーの香る

ライムのソルベと共に



これは、思わず会話も止まる美味しさでしたドキドキ



まず綺麗に皮の剥かれた巨峰ブドウの大きさ、プチッと感が最高ラブラブ

赤ワインに漬かって一層美味しい巨峰ブドウになっていましたドキドキ


さらにクリーミーで真っ白なフロマージュブランのムースに

同じく真っ白なライムのソルベが乗って、

巨峰ブドウとの紅白のコントラストがとても綺麗な一皿でしたキラキラ



1つワガママを言えば、フロマージュはムースじゃなくて

アイスクリームが良かったなあ~ドキドキ



前はここのトリュフ入りマッシュポテトが大好きで、

それをお目当てに行っていたけれど、今はカジュアルに

美味しくランチできるお店として好きなレストランの1つです音譜