今日のシェクター…3/16 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








今回はこの子です。シェクター。
87年製。その年に買ったんでもう32年物…
その間、一切トラスロッドを弄ってない、弄る必要がない…くらいにネックは真っ直ぐ…
トラ杢のメイプル材は柔らかくて狂い易い材もあるって聞きますが、やっぱバーズアイは相当硬くてしっかりした材なのかも…

それは置いといて…

もしかしたらアッシュ系よりメイプル系の方がミッドは案外あるのかも…
ミント(アッシュ系)はミッドがスカスカなんでPUでミッドを充実させましたが、この子はその必要がありません。ミントに載せたPUよりドンシャリなのを載せましたけど、ミントよりもまだミッドはある感じです。
M-III 黒も同じような音…やっぱメイプルの方がミッドは充実してる…ってのあながち間違ってないのかも知れませんね?
ラージヘッド2本はコンクリートアッシュ。
やっぱミッドはかなり薄いですもん。重量があるんでローが豊かな分、全体のバランスは取れてますし、ノーマルシングルのストラトなんでハムほどミッドの粘りは求めてないんで良いのかも知れません…

コンデンサにオイルコン(ビタQ)入れて、そこだけヴィンテージハンダでやったのもちょうど良い感じなのかも知れません。
今までにオレンジドロップもセラコンもやってみましたが、オレンジドロップだと音の輪郭がボケたし、セラコンだとメイプルボディーゆえにジャキジャキばかりが鼻に付いた感じになっちゃって…
アッシュもメイプルもどこか最低1ケ所、ミッドが粘るポイントを作ってあげるとかなり結果が良いように思います。

あ、そうそう、フレットが当時流行りの?ジムダンの6100とか打ってあったと思うんですけど、一応、ジャンボタイプって事なんだけど、いわゆる一般的なジャンボみたいに無駄に幅広じゃないし、でも高さはしっかりあるし、金属質量とプレイヤビリティーのバランスがスゴく良いような気が
(^o^…

 

 

にしても、ホント、PU全部ダンカンに替えて良かったですよ。純正PU(モンスタートーン)の時には、使える現場がかなり狭かったけど、今はかなりオールマイティーですから。

v(^ ^)v

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ