今日のストラト…3/13 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








アタシのと同じタイプのジェフベックモデル持ってる方、どこかが変な共鳴してませんか?3弦3フレットのハーモニックスが出難くないですかぁ?
それ全てナットからペグにかけての部分で弦が要らない共鳴しちゃってるからなんですよ。







ここの部分ね。
なので…







今流行りのミュート用小物でこんな風にミュートしちゃってください。
3弦3フレットのハーモニックスもちゃんと出るようになりますし、コード等を弾いてパッと止めた時の「ヒャヒン…」って共鳴も無くなりますよ。(トレモロバネの共振は除く…)
これによって、ギター全体の鳴り具合だったり、コード弾いた時の弦の分離感だったり、トーンのモタ付きだったりも全て解消します。

そして、その状態になってみて初めて、アップデート版ジェフベックモデルの真の良さが分かるようになります。

ジェフベック好きな方で、このローラーナットがダメっぽいんで、幅のあるナット仕様のにまだこだわってる方、たくさんいらっしゃいますよね?

ってか、この仕様、ジェフベックモデルとしてより、やっぱコンポギターとしてレイアウトした方がより真価を発揮出るように思いますねぇ〜。
このローラーナットなら何もFRT載せなくても良いやと思えるチューニング安定度だし、ブリッジは最初から2点支持になってるんだから、だったら最初のファインチューナーが付いてないFRTブリッジにした方がよりチューニングの安定度も上がりますし…

その仕様で、ネックをごく普通のにして本家フェンダーからフェンダーロゴ入りの小洒落たミュートも付属させて売りに出せば結構なヒット商品になるような気さえします。
(^o^

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ