つれづれ…記憶喪失のように忘れてた事… | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
しかも個人的回想…ギターを始めたばかりの頃の思い出等に浸ってます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m









画像と内容は全く関係ありません。



Gibson SG…

一度持ってた事があるんですよ、67年だったかな?ラージガードでトレモロ付きで…
下手するとメアリーより前に持ってたのかも…かなり記憶が曖昧で…
今考えると状態良くなかったんでしょう。もしくはトレモロの仕様なのかとにかくチューニングは合わなかったし、フレットも低く発音も悪かったし…ヴィンテージは少なからず買ってから手を入れなきゃいけないとか、まだ何も分かってないSam少年には手に負えず、すぐに売ってしまった…

それ以来、それがちょっと苦い思い出になってずっと避けて来た…
というかレスポールという圧倒的なステイタスに心奪われてしまってSGという選択肢は忘れていた…


その後、かなり最近になってから(つっても、もう10年くらい前になるのか…)、友人のバンド「TONS OF SOBS(FREEのコピーバンド)」で一時期ボーカルを務めてた人がやってた「DIABLO GRNADE」ってバンドのギタリストさんがSG使ってるのを見て、記憶喪失の人が何かを思い出せそうな、思い出せ無さそうな…そんな感覚に陥り…

「あれ?何だっけ…」と。


それが去年、X-Ray OZMAさんのイベントにJ.T.B.で出させてもらった時、対バンのバーニーさんがヴィンテージのSG持って来てて…
「あぁ〜、ヴィンテージのSGやっぱ良いなぁ…あれ?SGって好きだったよなぁ…?」
になり、不覚にも小僧バンドGreta Van Fleetでその感覚、記憶が強く掘り起こされたというか…
(^ ^;


そして今回の初期衝動…NOVELAのCDを買って完全に思い出しましたよ。
SGというギターを知ったのは、SGというギターに憧れたのはNOVELAのテルさんだったんですよ…って事を。

考えてみりゃバーニーさんがギター弾いてたバンドのボーカルはアンジーさんでした…
ご挨拶させていただいた時、近年稀に見るくらいにガッチガチに緊張してたのを思い出しました。そりゃそうですよ。ギター始めてまだ間も無い頃に夢中になってコピーしてたバンドのボーカルさんなんだもの…
この、ど厚かましくなったアタシでもまだこんな感覚残ってたんだぁ…って自分でもクスッとしちゃったくらいですから…
(^o^;;;



あぁ〜、SG…また別の物欲が…もうホント、置く場所無いのよ。
それに、「どうせならせめて60年代後半くらいのが良いよなぁ…」とか思うから、資金的にもしんどいし…
また記憶の奥底に封印しないと…
f(^-^; ポリポリ


あ、そうそう、アタシが変拍子に対して苦手意識も敷居が高い感も感じないのって、ギター始めてまだホントに初期の頃にNOVELAをコピーしたからでしょうね。
1stアルバム1曲目から複合変拍子バリバリですから。
6/8をin2で取ったりin3で取ったり…みたいなのも2曲目ですぐ出て来るからね。
あ、ツインギターは絶対綺麗にハモりたい…なんて感覚も確実にここからですね。
(^m^

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ