今日のL III…2/11 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








ミュージックマンL III ボディブルー…
ノーマルストラトばっかでリアハムの音が恋しくなったシリーズですね。
(^m^

 

エメラルドグリーンスパークルが限定カラーなのに対して、こちらはレギュラーカラー。

確か値段もこっちの方がチョイ安かったかな?

ホントは2本ともエメラルドグリーンスパークルが欲しかったんだけど、さすがに限定カラーなんでアタシが買おうと思った時には2ハムの方は日本にもうなかった…



2ハムなので当然ギブソンの2ハムと同じ3種類の音が出ます。
それに加え、コイルが内側同士と外側同士のタップミックスが出る…計5音色…
内側同士はストラトのハーフトーン似、外側同士はテレキャスのミックストーンとほぼ同じ…

パッシブだとハムの外側同士(可変ポールピースの方)のタップってなんだか曇って寝ボケた音になっちゃいがちだけど、そこはアドオンプリによるアクティブだからしっかり使える音になってます。

ウチのPRSもトーンポットを引っ張るとタップになって外側同士が生きる回路になってるんだけど、パッシブな事、24F仕様で根本的にPU同士の距離が近い事…なんかで使いたいと思う音ではないんです…個人的に…
むしろ内側同士が生きるようにしといてくれれば、L IIIの内側同士よりPUの距離が近い分よりストラトのハーフトーンに近いはず…
あ、自分でそういう風に改造しちゃえば良いのかぁ?

(^m^

置いといて…

L IIIはかなりノレるテレキャスミックストーンです。
v(^ ^)v


ってかね、カバードって事もあるのかも知れないけど、セラミックマグネットとは思えないとにかくノレるハムの音…なんですよ。
高さ調整用のバネすら噛んでないボディーにガッシリ直付けで硬いであろうはずなのにも関わらず…
22F仕様のフロントハムはむしろ硬めの方が結果が良い場合が多いですけど、リアハムでセラミックでしかも硬いと、ハイゲインにしてメタルとかくらいしか出来ない音になっちゃいそうなのに、全然そんな事がない。このハンドリングは素晴らしいなと思いますね。

これ、スイッチポット等でフロント1発の時にタップが効くようにすると更に使えるサウンドのバリエーションは増えそうですね。
アタシがコンポギター全部にやってる改造をしちゃいましょうか。
いや、そういう音が必要になる現場では使わないんで改造はしませんけども…
(^m^

あ、そうそう、L III のネックの握りはかなり管理されてて、ウチの2本は全くと言って良いほど同じ握りのソフトVです。
で、これが表面サラサラのマットフィニッシュと合わさって弾き易い事この上なし!
フレットが細くて低いのも、ノーマルストラト弾き慣れたアタシにゃ全然関係ないしね。
(^o^

 

 

この子もライブデビューさせてあげたいなぁ〜。

って、TOTOのコピバンはきっとやらないですけどね…

(^ ^;

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス