今日のストラト…1/5 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








今週持って来てる3本の内の1本、C/Sバーガンディミストメタリック。

ブリッジの形状がC/S NOSのともラージヘッド/ローズに載せたPure Vintageのともやっぱり違う…
ブロックの形状は勿論、ボールエンドが引っ掛かる穴の深さも、他のどのタイプとも全く違う…
「これってオリジナルがそのまま載ってるのかぁ?」って疑いすら出て来る…
もしこれが前オーナーによって違うメーカーのものに交換されてるとしたら、C/Sなのに何か音がフェンダーっぽくないというか、イマイチ感触良くないのも頷ける。
(って、最初はNOSをあっさりぶっちぎったとか言ってたくせにね?)
ブロックの材質はフェンジャパのより良さそうに見えるんだけどなぁ…

ま、それもこれも、今ラージヘッド/ローズに載ってるのと交換してみれば分かるでしょうけどね。一番好きなルックスなので時間掛けてじっくり追い込みますよ。
(^ ^


そうそう、そういえばここんとこ買ってるフェンダーのPureシリーズ(シリーズなのかなぁ…)どれもこれもわざわざ「Pure」と冠するだけに良いですねぇ。

PU、65はまだ試せてませんが、59はNOSがいきなりまともなフェンダーになったし…
ブリッジの作り、精度、音の感触もラージヘッドに載せて試したとはいえすごく良い。
力入れてるラインなんでしょうね。本家からこういうのが出てくれると非常にありがたい。
他のリプレイスメントメーカーってどっか突出したこだわりで作ってたりするんで、結果的に能書きだけで似ても似つかないものに仕上がってたり、少なくとも「何か違う…」感は絶対に感じてしまうんでね。
(^o^

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス