今日のストラト…12/3 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








ラージヘッド、2本同じカラーを買っちゃったんで、カラーバリエーションって意味じゃ効率悪かったのか?と思ったんですけど、片やイエローっぽく、片やバタースコッチ?っぽい…
いやいや、何気に同じ色の経年変化によるカラーバリエーションが見られる結果になって良かったのかも?とか…
(≧▽≦)

ってか、そんな諸々なんか置いといても、ネックの握りが理想だったので、もうなんでもOKでっす!Burnのリフが本人が弾いてる通り同じに弾けるもの…
v( ̄▽ ̄;)


しかし、とてつもなく重たいのでライブで使う気は起こらず…
家で太ももに乗せて弾いてても、レスポールでも感じた事がないくらいに足が痺れる…
なかなか難儀やわぁ、ラージヘッド…
いや、逆にこれをリハやライブで積極的に使って体力付けるかぁ?
…疲れるだけで終わっちゃいそう…
(^o^;;;


そうそう、メイプル指板の方、ペグがダメダメで…
チューニングアップ方向には弦の張力もあってトルク感がしっかりあるんだけど、チューニングダウン方向に回した途端「あれ?空回り?」ってくらいにスカスカなトルクに…
ある程度もうギアが舐めちゃってるのかなぁ…
これきっとチューニングの安定度にも影響するよねぇ…
70sスタイルのFロゴペグは本家フェンダーから出てるんでそれ買っても良いんだけど、ゴトー製じゃなくどうせ韓国製とかで新品でもダメダメな予感しかしない…
シャーラーからもSロゴ(←余計な事を!)でコピー品が出てるんだけど、「この程度の物を買うなら本家Fロゴ買った方がマシ…」って評価だったし…
ゴトーで出してくんねぇかなぁ…出来ればGロゴじゃなくFロゴで…
┐(´ー`)┌


ギブソンにしてもそうだったけど、とかく70年代物って評価が低い、悪い…でしょ?まぁ、パッと見はそれまでの時代のより確かに雑だったりやらなくても良い構造にあえてなってたりするけど、実際に手にしてみると、どうしてどうしてまともなギターだったりするんだよね。
どうせ訳分かってない輩が見た目だけで悪い噂立てたんでしょ?くらいにしか思ってませんよ。
(^m^

まぁ、確かにアメリカがベトナム戦争に加担してる時期なので、金属パーツなんかは不純物も多いでしょうし精度も悪かったりするけど、そんなの交換出来るパーツなんかどうでも良い訳で…
いや、それ言ったら木部も例えばネックジョイントなんか3点止めになってるし、ネックポケットも「ボルトオンなんだからそんなの要らねぇじゃん!」な接着剤の逃し…みたいな要らん余白作っちゃってるし…
でも、ネックとか現行品なんか足元にも及ばないくらいに強い良い木使ってるし、何よりロックの名演を奏でて来たドンピシャあの音が出るんだよね!


何でもっと早くに手にしなかったんだろう…とは思うけど、それもこれもきっと「タイミング」…なんでしょう。
(^ ^

実際に今手にしてみて、いろんな良い感触だったり発見だったりがあるので、結果オーライです。
(^o^

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス