今日のDAW…6/14 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








必要か?って聞かれたら多分必要なかったと思うんだけどねぇ…でも確か何かのキャンペーンで10万円以上も安くなってたから買っちゃったんだよね…もう実家では本格レコーディングもミキシングもするつもりなかったんだけど…

で、買ってからしばらく放置のままだったこのUAD-2 Satellite Thunderbolt、勿体無いから自宅へ持ってきて繋ぎました。

(^o^;;;

…というのも、実家はオーディオインターフェイス自体がApollo Twin DuoでUADプラグインが使える状況…
だから実家ではCubaseにUAD Powered Plug-Inを立ち上げたファイルを作る事が可能。それを自宅へ持って来てCubaseで開いても、「UADプラグインがありません」って言われて今までは不完全な状態でしか開けなかった。

で、実家でも自宅でも同じファイルが開けるように…と、せっかく安く買ったのに使わないのは勿体無いSatelliteを有効活用出来るように…とでね。

にしても、実家のApolloはDSPが2個、自宅へ持って来たSatelliteはDSPが8個、もうねパワードプラグインのパワーが本来音楽制作をする場だった実家スタジオより強力になってしまいましてね…
f(^-^; ポリポリ

逆に自宅で調子こいてパワードプラグインたくさん立ち上げたファイルなんか作ろうもんなら、今度実家へ持ってった時に「重たくて開けません!」って言われちゃう可能性あり。
嬉しい悲鳴!(≧▽≦)


さて、自宅のDAW環境も1ランクアップしたので、この間録ったMV50 Boutiqueの音源、早く編集しないとね。
(^ ^;

 

ってか、今回のMV50 Boutiqueのファイルにパワードプラグインを使ったんだよね。勿論、積極的に音を弄るタイプのエフェクトではなく、原音の感じを損なわずに自然な掛かり…系のエフェクトね。

ネイティブプラグインはPCのCPUにしか頼れないけど、パワードプラグインは専用DSPをわざわざ増設してそれに思いっきり頼れる訳だから、自然な掛かりが求められるエフェクトに特に威力を発揮してると思う…

空間系の密度の濃さとか、後、元々ユニバーサルオーディオは真空管を使ったアウトボードをたくさんリリースしてるメーカーなので、真空管シミュレートもネイティブとは1枚も2枚も違うよね。

あ、いくら真空管モノとはいえ、ギターアンプシミュレータは所詮LINE 6と同じ方式(フラクタルも同じ)のモデリングなので、大した事ないですけどね。

(≧▽≦)

 

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス