VOX MV50 Boutique…その3 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








はい、リニューアルNOSで…







VOX MV50 Boutique弾いてみました。

前回「Cleanに比べてスイートスポットはかなり狭い気がする…」なんて書きましたけど、ごめんなさいって感じです。何しろリニューアル前のNOSで弾いてたから…
(^ ^;
リニューアルしてからのNOSはもう見違えるよう!
アンプ試すなら竿もやっぱちゃんとしたのにしないとダメですね。
その逆もまた然り…


置いといて…

 

 

 

 




さて、今回は写真のように4種類のセッティングにして弾いてみました。

1:思いっきりのクリーン音色だとちょっと物足りないというか、ダンブル系じゃなくても良い感じのすっきりした音だったんで、ライトクランチくらいまでゲインを上げてちょっとダンブル系らしい太くて粘っこいドッシリした所を出したセッティング…

2:文字通りクランチなセッティング…

3:ゲインフルだと、ちょっとズブズブあまり好きでない潰れ方しちゃう(これはこのBoutiqueという製品の良し悪しではなく、ダンブル系を忠実にコピーした結果こうなってると思われる)ので、ゲインフルから潰れが逆に心地良いと感じられる所まで落としたセッティング…

4:MV50 Cleanと同じような使い方…思いっきりクリーンにして空間系が綺麗に鳴って、歪みも一切をエフェクトに頼る…









音も録りましたが、どれ聴いても心地良いです。ってか、そのセッティングなりの弾き方をしちゃってるのかもね?だって、いやらしい、女にモテたい弾き方になっちゃってるもん…
アレンヘインズみたいな…
( ̄▽ ̄;) ダァ〜

ま、ダンブル系ってそういうプレイスタイルの人が選ぶアンプなのかもね?
決して万人向けとかニュートラルではない…
今回の4:のような使い方ならフェンダー系にたくさんあるから違うなぁ。ダンブル系を活かした使い方じゃない。
あくまでも、良いギターの良い音を良い音のまま出したい、ピッキングニュアンスを最大限に活かしたい…って人のほぼアン直な使い方が一番活きるんだと思う…
空間系掛けたきゃPAにやってもらえ、と。

コンポギターもポリウレタン塗装のギターも、アタシゃ好きだし積極的に使うけど、今回のMV50 Boutiqueにはそういうギター突っ込んだら勿体無いかなぁ…
ラッカー塗装で作りも音も良いギターをつなぐ価値がある音…かな?
あ、高々2万かそこらの値段のアンプだけど、数十万のブティック系アンプ並みにヴィンテージギターつなぐ意味のある音が出て来ると思いますよ。

まぁ、あくまでも個人的感想ですので悪しからず…
(^m^


音の方は結構ダラダラ弾いちゃったんで短く編集出来たらアップします。

(^ ^;

 

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

Sam.Hさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス