今日のシェクター…5/10 | ニャンコと家事とギターな日々

ニャンコと家事とギターな日々

音楽やニャンコ、ダイエットの事なんかを徒然に…


テーマ:


今回もギター機材関係の事をマニアックに書いてます。
その辺の事に興味の無い方はいつものようにスルーを推奨致します。
悪しからずご了承くださいませ。m(_ _)m








今日はこの子を中心に、他にL III エメラルドグリーンスパークルとL II ブラックスパークルをね。

実は、火曜の晩に実家スタジオへ移動して来たんだけど、雨が降ってたから自宅にいっぱい置いてあるギターは1本も持ち出さなかった…
なので、実家スタジオにあったコンポ系ギターはこの3本だったって訳。

で、シェクター…
今までの印象だとメイプルボディーにエボニー指板って事もあってか、とにかくトレブリーで硬いってイメージ…

L III エメラルドグリーンスパークルは、弦高上げてガツンと太く豪快に鳴るようになった。だから余計にシェクターのトレブリーで硬いのが目立つかと思ってたら、どうやらミントと同じ頃に同じようなオイルコンを入れたんだけど、それのせいか、はたまたミントにも感じた「何だかローが結構出てるなぁ…これってもしかしてピックガード仕様の特徴?」と同じものを感じて…
太くなったと感じたはずのL III の方がやっぱりトレブリーだった…というかシェクターがやけにガン太くなった感じ…?

いろんな要素は考えられるけど、やっぱりビタQで値がちょっと大きめ(0.027μF)のを入れた事によるミッドのピーク周波数が若干下がったのが大きいのかな?と。


アタシ的にギャンギャンって感じが好きなんだけど、シェクターは元々それを通り越してギンギンとかニンニンくらいにピーク周波数が高かったんです。
それが0.027μFのビタQを入れた事で(だと思う…あ、PUをハイパワーなダンカンにしたのもあるか…)逆方向にギャンギャンをも通り越してガンガンくらい下になった。
そりゃ太く感じるわなぁ…


この子もミント同様ある意味手を焼いてたんで、これは嬉しい誤算かも知れません。
\(^o^)/

次に自宅へ持って来てじっくりKemperのプログラムを作るのはこの子の番ですね。
(^ ^

 

 

 

 

ペタしてね

 

 

 

 

 

Sam.Hさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.