デヴィッド・ボウイと京都のキッド邸 | ☆★二人のデヴィッド&SAGAWA伝説★

☆★二人のデヴィッド&SAGAWA伝説★

  


 
 ★
京都伝説「二人のデヴィッド&SAGAWA清」

★69歳(ロック)で帰幽した二人のDAVID。
★三月十一日が命日の佐川清。

謎多き九条山に革命児三人が集った物語。






メルアド mojikakima@yahoo.co.jp
     禁:写真コピー転載!


テーマ:


































来日の際、必ず立ち寄った京都のデヴィッド・キッド邸(九条山)

ボウイの隠れ家とも呼ばれたが、住人はキッド氏と森本康義氏、そしてKYOKOさん。

今は懐かしい。

近くの車庫にはクラシックタイプの黒いキャデラックが待機していた。

僕のボスだった森本さんから「キャデの運転、練習しておくかな」と軽いタッチで

指示を受け、東山ドライブウェーを将軍塚まで走った。

それから1週間ほど後だったか、「俵屋にボウイとイマン(夫妻)が来てるから

車で迎えに行って、あとで○○まで乗せてきてもらえる」

と、ボス。

京都の道は狭い。

緊張しながらハンドルを握り無事俵屋さんに到着、ボウイ夫妻を乗せて夕暮れせまる東山に

向かった。

山道は曲がりくねったカーブが続き、深まる闇を縫うように走り

ようやくたどり着いた山中のなかのひっそりとした「料亭」。

しかし、その門をみてドキッとした。

・・・「せ、狭い」・・・・。

目測では、このキャデラックがギリギリ通過できるか否かの幅だった。

しかし気合いを入れてアクセルを踏む。

両サイドの空きは左右とも15センチほどか?

呼吸は止まったが、ぶじ通過、

ほっと胸を撫で下ろしボウイ夫妻を降ろして、車をユーターン。

そんな緊張の日々が、丸々10日間、続いたのである。



(続く)











夫妻が宿泊した「俵屋」さん。










私が撮影したデヴィッド・ボウイとボス(昨年7月他界した森本康義氏)と恭子さん(左)。

このあとボスから「いづれボウイの写真集を出そう」と打ち合わせた。

懐かしい想い出である。

(1992年1月末)

















2人のデヴィッド伝説さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。