縁日博物館、続きです。

 

 

 

 

自転車メリーゴーランドで楽しんだ後は、引き続き色々な展示物を堪能。

 

 

 

 

 

 

 

 

何か、アンティークな楽器。

 

時間帯によっては、この楽器の演奏タイムがあるっぽかったです・・。

椅子が並べられていたので。

 

 

ちなみに、反対側にいた馬が

 

 

 

 

 

 

だいぶ興奮気味でしたイヒ

 

 

 

 

 

あと、自転車メリーゴーランドは大人用のメリーゴーランドといったところでしたが

子供が思う存分乗れるメリーゴーランドも、ちゃんと、あります。

 

 

 

 

 

 

馬がだいぶカメラ目線キラキラ

 

 

 

あとは

 

 

 

 

 

また、ちょっとした遊び場がありました。

 

 

 

 

 

 

これも、投げ入れる(滑らせる)系のゲーム。

 

作りが凝っていて素敵なので、

単純なゲームも、なんだか妙に魅力的なゲームになるから、不思議。

 

 

 

 

 

 

 

 

ほいで、万歳しているこのお姉さんも怪しいんだけど

背後、宙にいる方がまた大変気になるわけで

 

 

 

 

 

 

 

幸子(小林)だ幸子!おーっ!と騒ぐ日本人二人。

 

 

 

 

あと、雰囲気が良かったのが、SALON VENITIENSという、ヴェネチアがテーマのお部屋。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これもまた、実際に乗ることができるアトラクションで

このメリーゴーランドは、かなりゆっくり回っていました。

でも、ゴンドラ風の乗り物とか、本当に、すっごい凝っていて素敵すぎるラブ

 

 

そしてこのミュゼのいいところ、

それは、ただキレイ、だけでは終わらないということ。

 

 

ふっと、頭上を見てみると、変なのも、一緒に回っておりました・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こ、怖い笑い泣き

 

 

日本でだったら、お化け屋敷の一員になってもおかしくなさそうな彼女も、

ここでは、ヴェネツィア空間の、ちょっとした、マスコット。

 

 

 

あとは、ここでも

私好みの、かっこいい姉さんがいました。

 

 

 

 

 

何者かは存じ上げませんが、かっこええラブ

 

 

 

そして、最後に入った、マジックミラーという別館のような場所が

 

 

 

 

 

 

 

天井がトマトみたいで最高にかわゆくラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなりの人が入っていて

どうやら、何かが始まる雰囲気。

 

 

何だろ何だろとしばらく待って始まったのが

 

 

 

 

 

 

 

面白い形をした楽器の演奏。

何これ~~キラキラ

初めて見るし、初めて聞く音かも!!!

 

 

この謎めいた楽器の正体は

Cristal Baschetというもので、

1952年にパリで Baschet兄弟により創作されたそう。

一見、ピアノの鍵盤のようなものを弾いているかに見えるのだけれど

実際、鍵盤部分はガラス棒らしく、それを濡らした手で滑らせて奏でるらしい。

これだけ聞くと、クリスタルな透き通った音を想像するけれど

実際は、もっと、独特な音で

子供のときに、コップのふちを濡れた手でなぞって出したような音に

少し金属音を混ぜたような???

 

 

いずれにしろ、面白い楽器演奏を聞けてよかった!

 

 

 

色々なものを見て、そろそろ展示物にお腹いっぱいになった後は、外へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

このフェスティバル期間だけは

外では屋台が色々並んでいたり、デコレーションされていたり

まさにお祭り爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

かなり賑わっております。

天気がよくない日が続いていて、この日も曇っていたけれど

雨じゃなくて、よかった!

 

 

 

 

 

 

左にいる赤いふたりが、ちょっと、ピエロ的な感じで

通り行く人々に、ちょこちょこちょっかい出している感じでしたウシシ

 

 

 

 

 

 

 

たき火的な?

 

 

 

 

 

 

ノリノリでオリジナル楽器で演奏をしていた

チンドン屋的な方々。

 

 

 

 

 

 

 

ぐつぐつと、何やら煮込まれてます。

 

 

 

 

 

 

 

Vin Chaud(ホットワイン)だ!ウシシ

 

 

 

こんな風に煮込まれていたら、美味しそう~~

 

ってことで、買ってみました。

フルーツとスパイスの味が美味しいVin Chaud、

煮込んでいるからアルコール分もだいぶ飛んでいるかのようだけれど

私はすきっ腹に飲んで

顔が真っ赤になった経験が過去に何度もあるので

半分以上は、友人に飲んでもらいましたチューチュー

この後、別の用事があったので・・・

 

 

 

 

 

 

 

だいぶあたりも暗くなってきました。

 

これ、もっと暗くなったら、イルミネーションがまた綺麗だろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外にもシャンデリアがあちらこちらにあって

シャンデリア好きとしては、たまらなかったラブ

 

 

 

こんな具合で、縁日博物館、かなり楽しかったです。

実際に使われていた現物である展示物を

あそこまで実際触っていいミュゼって、なかなかないと思います。

 

ここは、子供も大人も楽しめる場所!

 

それにしても、ここ、もっと早く知っていたらよかったな。

息子が小さかったときに連れてきてあげたかった。

中学生になった今は・・どうかな・・・・

自転車メリーゴーランドは喜びそうだけど。

 

 

 

この縁日博物館、普段は予約制で、英語かフランス語のガイドが付くようです。

予約はネットからできます。

言葉がイマイチわからないと

面白さが半減するかもしれませんが

実際に触れられるミュゼなので、

雰囲気と実物と、あとは実体験で、十分に楽しめるのではないかな、とも思います。

 

今回のフェスティバル、

自由に見れる気楽さ半面、

それぞれの展示物について、やはり解説があったほうが

より一層わかることもあると思うので、

次は、ガイド付きで見てみるのもいいかな~、なんて思っています。

 

なーんて言いつつ、

このフェスティバル期間が、賑やかで楽しいかもしれない。

 

フェスティバル、次回もノエルのバカンスに合わせて開催されるようですウシシ

2018年12月26日から。

 

 

 

 

 

 

☆ MUSÉE DES ARTS FORAINS

 

53 av des Terroirs de France 75012 Paris

公式サイト→