あれよあれよという間に今年もあと残りわずかとなってしまいました。

うーん、クリスマス関連ネタとか、ブログに書こうとしてたことはけっこうあったのですが。

おかしいな。


12月はどうやら魔法のように過ぎ去る模様。



で、今もブログとか書いてる場合じゃ実はないのですが、

なんだかんだとやることがあるのですが

明日31日も普通に朝から仕事とかあるので

さっさと用済ませてシャワー浴びて寝たいのですが、

でもでも、やっぱりこれだけは書いておきたい。

一応一年の〆はしておきたい。


ということで、久しぶりに自分を奮い立たせて書いております。

いつもはこのブログ、時間のあるとき気ままに書いているスタンスなので・・



って何をそんなに気合をいれて書かないといけないのかっていうと



私、生まれて初めてバレエ観てまいりました!!



うわ~、うきゃ~!!



やったやった!念願のバレエです。




オペラとかミュージカルは過去に何度か観ているのですが

バレエは初めて。


観てみたいような、でも、基本白い衣装着た人たちがひたすら踊っている・・?


そんなイメージでしかなかったので

なんか飽きそう・・バレエを観るぐらいならオペラがいいわぁ、という感じで

バレエを観ることがどうもなかったのですが

ついについに!!



しかもパリのオペラ座って、

基本バレエ→オペラ・ガルニエ(いわゆるオペラ地区にある豪華な建造物の素敵な劇場)

オペラ→オペラ・バスティーユ(バスティーユにある近代建築の劇場)

で公演されるので

オペラを観る私はいーーーっつも、近代建築のつまらないあの建物行きで、なんか悔しい!って感じだったので

それもあって絶対いつの日か、あの豪華な内装の中でバレエを観てやる!と思っていたのです。



念願のバレエ+ガルニエ。



テンションあがる~~



ってことでパリオペラ座サイトの公演スケジュールを夏が終わった頃じっくり見ましたよ。


そして狙いを定めたのは




La Belle au bois dormant


眠れる森の美女




んーーー、これは間違いなく素敵でしょう!

おまけにバレエのことわからなくても、わかりそう!楽しめそう!



っということで、超気合入れてチケット取りました。

発売日の開始時刻とともに携帯からネットで。


ほいたらまぁ、ネットなのに、file d'attente とか表示されてびっくりしたり!

はぁ???


これがまたどうがんばっても、私の携帯からだときっちり時間計られてて

ログアウトして接続しなおしてアクセスしようとしても、

ぜったい受け付けてもらえない仕組みになってたり・・

ちっ

やるじゃないかパリオペラ座サイト・・・



あ、file d'attenteって・・順番待ちの列、とでもいうのでしょうか。


最初に表示された時間通り、10分以上ばっちり待たされましたよ、チケット買うための画面に接続できるまで。



そんな苦労の中でとったチケット。

どれだけ人気なんだよ、バレエ!


でもそれだけ期待も高まるってわけで。




ほいで最近のネット予約ってのは、なかなかうまいことできてるようで

チケット、普通に郵送か、もしくは自分でチケットをプリントアウトするか

そんな選択肢まであって

ずいぶんと洒落たことするんですね。


で、私は当然プリントアウトを選んだのですが

(少しだけ安い。おまけにフランスの郵便事情を相変わらず信用していない)

うちにあるプリンターがここ最近すこぶる調子が悪く、案の定プリントアウトするだけで

超てこずった上に

インク全色買いなおしたりして

もうなんだか時間とお金が恐ろしくかかったという・・・とほほ


慣れないことするもんじゃないですね。


いやでも次からはもう大丈夫だじょ。

チケットプリントアウトしてもってくパターン、わかったもんねだ。




そんな、苦労がちょっと滲んでたチケットでした。

ちなみにこの作品のチケット、ネット販売分は、あっという間にほぼ完売してました。

一日二日の公演日じゃないのに。

けっこう公演日あったのに。

それなのに販売初日にあっという間に売り切れ。

ひー。



あっ



そだそだ。

大事なこと。。。



チケットとってから気づいたんです。


場所、ガルニエじゃない!!

またもやバスティーユ!!


な・ん・でーーーーー!!!!


きぃいいいいい!!!


どうしたって私をガルニエには入れてはくれないのねっ

くやしぃいい


ってことで、ちょっとテンション下がり気味になったのですが。


まぁまぁ気を取り直して。



ついに観てまいりましたよ。


 ↓


 ↓


 ↓




一言。


バレエ、いい!!


バレエ、白い衣装の人たちが踊ってるだけじゃなかった!


違った違った!イメージしてたのと全然違った!!


バレエ、楽しいじゃないですか!!!




というか、あまりにもの舞台と衣装の豪華っぷりに、私びっくり。


あれれ、みんなあのいわゆるバレエ用の衣装着ているわけじゃないのね。

普通にオペラに出てくるようなな衣装の人とかもいっぱいいるのね。


そうなのそうなの???


そういうものなの???


なんだ観ててぜんぜん飽きないじゃないか!



私何もわかってなかったよぉ~



ようは、


オペラの踊り版?


そんな感じ。




そしてこの眠れる森の美女っていう作品を選んだのが大正解だったのねきっと。


砂糖菓子のような世界でした。


本当に、本当に、美しいお人形がくるくるくるくる踊っているかのようで


これは女子は好きだろう~、と思いました。


子供からおばちゃんまで、これ、女子なら間違いなく好きだろう~、と思いました。


あのパステルカラーのお姫様の世界。



冬休み中で学校も休み、ということもあってか

子供もけっこういたのですが、

前の席に座っていた女の子なんて目を輝かせて観ていました。


休憩入れて3時間以上ある公演だったのですが、

飽きたとか騒ぐことなく、前に乗り出して観てました。


だろうねだろうね~。

憧れちゃうだろうね~こんなの小さいとき観てしまったら。




これはハマる。

子供じゃなくてもハマる。

バレエいいわ。


ただ、オペラに慣れている私は、歌がないのが物足りなかった・・というのあったのですが正直。


でも、あの、くるくるくるくるお人形が回ってる様子を、高いところから観る、というあの感覚はクセになりそう。



あー満足。


よは満足じゃ。



ちなみに席は、PREMIER BALCONの6列目という席だったのですが

チケットを取ったときは、舞台から遠いかなぁ

とちょっと心配だったのですが

全然そんなことなく、むしろ全体が見渡せてよい席でした。

豆粒のように小さく見えるほどの席でもないし、本当、大満足。



たまにのご褒美だねと一緒に行った友人と言っていたのですが

それでもやっぱり年に数回はバレエとオペラ、行きたいなぁと思いました。


非現実的な世界に身を置くって大事。


美しい世界に身を置くって大事。


うん、行こう。


来年も、行こう。


来年は、もっと、行こう。




というわけで、私の浮かれたバレエ鑑賞記事で今年の記事はおしまいです。

長らくお付き合いいただきありがとうございました。



そして、今年も私の気まぐれブログを読んでくださり、本当にありがとうございました。

また来年もきっとこんな具合でしょうが、

よかったら、適当にのぞいてやってくださいませ。



それではみなさま、よいお年を!










La Belle au bois dormant1

もちろん満席。






La Belle au bois dormant2

舞台の雰囲気はこんな感じ。





La Belle au bois dormant3

画像悪くてすみません。実物はもっともっときれい。






La Belle au bois dormant4

似たような写真ばかりですが。
実際は第何幕、などによっていろいろと雰囲気違います。
でも豪華具合はわかっていただけましたでしょうか。