昨日、愛知県の女性から、ハミングバードさんで売っている工藤さんのリンゴは、もひかん林檎の事ですかという問い合わせがありました。工藤さんに聞いてみると、ハミングバードさんの農薬の基準ではすべてのもひかん林檎は出せないので、限定していると言われた。

 

正直者の工藤さんらしい。ハミングバードさんのHPを見てみると出荷できるのは、工藤果樹園の20%のリンゴと書いてある。https://www.8dori.org/shop/user_data/apple.php

 

工藤さんが正直にハミングバードさんの農薬基準を守っているからであり、その他の林檎が加工用になっているわけではない。パンフレットに書いてあるように、30~70パーセント減なので、ハミングバードさんに出せる林檎は、共同で農薬散布しないですむ林檎畑のものしか出荷していないからである。

 

慣行栽培は12回、多いと20回かけている農薬を工藤さんは4~5回、それも7月上中旬を最後の散布にして、残留農薬をできるだけ少なくしようとしているからである。

 

その為、9月にできるトキなどの美味しい林檎は黒星病がついて、JAに卸せず、半額で今年は売ることになった。

 

4ヘクタールという林檎農家としては大きい面積であるが、多くの林檎畑は他の農家と接している。2メートルほどの道路を隔てて、となりのりんご畑があるので、共同防除をしなければならないのが実情である。

 

値段ももひかん林檎販売より1000円以上高いのに、すでに5キロ400箱は売り切れている。

 

工藤さんは農薬使用については厳格に守っているので、共同防除している畑の林檎は出荷しない。ここが工藤さんの信念のあるところだし、だからこそ、私も安心、安全なもひかん林檎を販売しているのだ。

 

もひかん林檎と名をうって、他で販売しているのは、高島屋さんだけだそうだ。

 

ハミングバードさんでは、工藤さんのリンゴとなっている。

 

 

AD