もひかん林檎のHPは友人に依頼しているのですが、打ち合わせができず、更新が滞っています。HPよりも今回のような半額規格外林檎の販売をする時は、ブログの方が機動性が優れているため、「もひかん林檎販売」ブログを立ち上げました。

 

http://ameblo.jp/mohikan-apple

 

よろしくお願い申し上げます。

 

今回、黒星病が一つでもついた林檎はJA青森には出荷できなくなったために、

規格外もひかん林檎をモニターをかねて、半額で販売しました。注文して頂いた半分の10キロ、25箱が昨日、今日と青森から各地に出荷されましたが、私のパンフレットの作成が遅れたために、出荷を送らせてしまいました。

 

9月の林檎は11月の晩生種に比べて、日保ちが悪いので、品質に満足を頂けない場合は、次回の早生フジとトキを代品として送らせて頂きますと手紙に書きました。 

 

下の手紙は、パンフレットとともに工藤さんの自筆のお礼も添えて、林檎と一緒に送らせて頂きましたが、先ほど、工藤さんより、出荷が遅れているので、ご満足頂けない場合は、交換させて頂くので、よろしくお伝え下さいとの確認の電話が入りました。

 

生産者の工藤さんはとても実直な方です。工藤さんの「サンフジ」を食べた時、あまりにも美味しいので、「品評会に出せば、必ず賞を取れます。ぜひ、出して下さい。」と言ったところ、

工藤さんは「私は品評会に出して、賞を取って、評価されるようなことは私の考えている林檎づくりではありません。私は出しません。」とはっきりと言われました。

 

「品評会に出す林檎は有機農法、減農薬で、賞をもらって、一方、出荷用の林檎には農薬を大量にかけて、虫や病気を防いでいる農家もあります。しかし、私はそんな作り方はしない。」と言われた時、この人は信頼できると思いました。

 

また、私が、こどもの貧困対策で、民間ボランティアでこども食堂が各地にできているので、寄付したいと言ったところ、「私はお子さんに美味しい林檎を食べて欲しい。○○○デパートの担当に相談したところ、話にのってもらえなかったので、ぜひ、寄付したい。」と言われたのです。

 

先ほどの電話でも、こども食堂や保育園への寄付が遅れたことをとても気になさっていました。そういう方だから、私は工藤さんのもひかん林檎を売るお手伝いをしたいのです。

 

規格外もひかん林檎

https://files.acrobat.com/a/preview/9dbe092f-c477-4600-876d-6468d42a6718

 

 

パンフレット

https://files.acrobat.com/a/preview/f5307d90-c0e7-4055-a45f-a5291ec36294

 

 

 

 

 

もひかん林檎・家庭用を購入して頂いた購買者の皆様へ

 

今回、黒星病の跡が残る林檎を買って頂き、本当にありがとうございました。

先日、お話したように、薬剤耐性の黒星病が全国的に流行しています。

青森JAには黒い点が一つだけついても、林檎の出荷ができなくなってしまいました。その為、皆様にお声がけさせて頂き、ご支援を賜りました。お届けした林檎は、形が多少、いびつだったり、黒星病の跡が4~5カ所ついていたりする林檎ですが、味は贈答用林檎と変わりません。

しかし、人それぞれによって、林檎の好みの固さや甘さが違います。特にこの時期の林檎は、晩生種の林檎と違い、日保ちがしません。もひかん林檎は木で完熟するまで、収穫しない完熟葉取らず林檎です。

今回の林檎が美味しくないと感じられた方には、その時に収穫された林檎を代わりにお届けします。遠慮なく、お申し出てください。

今後も美味しい安心、安全な林檎をお届け致しますので、よろしくお願い致します。

2016916日 

もひかん林檎販売 栗原光弘

 

 

 

AD