どんなにいい考え方があったって、環境はあるよね。

そんな言葉を聞くことがあります。
その後には決まってこう続きます。

うちのクラスなんてさ~
俺の会社なんてさ~
上司が最悪なんだよ~
先生変わってほしい~

こんな言葉を聞くと
なんかのCM でやってた言葉を思い出します。

環境があなたに与える影響はあるかもしれない。しかし、あなたがその環境に影響を与えていることを忘れてはいけない。

と。
まったくその通りですよね。
嘆くような環境は自分が、もしくは同じように嘆きあっている自分達が作り出している可能性すら否定できないですよね。

そして、それはお互い様ってこと。

クラスメイトも、会社も上司も、先生も

あなたに対して同じように感じている可能性ありますよね。

環境は自分で作り出している
少なくとも影響は多大に与えている

その事を念頭にしておくだけで楽しむ選択肢増えますね!



今日の本気が未来を描く