あめとむち

「大丈夫だよ」

そんな言葉をかけてもらうだけでホッとすることがある

こんな風に思いやりを頂くことはとてもありがたいこと

でも、これが続いてしまうとどうだろう。

そんな思いやりや優しさに甘えて「頼る」ことが増えてくる

甘いものばかり食べてるとその甘さにも気づかなくなる


「いいかげんにしろ」

そんな風に厳しく叱ってくれるだけで愛情を感じることかある

同じ環境のなかで気のおけない関係が続くとなかなか叱ってくれる人も少なくなってくる

でも、これが続いてしまうとどうだろう。

ただ受け入れることに慣れてしまうと叱りも怒りに変化し雨のように降り続けるストレスへと変化してしまう


甘さと厳しさのバランスは大事だ


でも、それ以上に自分がどんなときに甘えたり叱られたりするのかを知らなければ悩み苦しむ日が繰り返すだけだ

飴とムチ

雨と無知

昔は、うれしいことや苦しいことは順番にやって来て永遠に続くと思ってた。

だったら別に努力なんてしたってむだじゃんって

でも実際は違う

人は学べる、学べばその繰り返しだって変えられる

未来に起こることは何も決まってない

苦しいことかやってくると思うからやってくる

次に起こることは全部自分で選んでるんだ



今日の行動が未来をつくる






Android携帯からの投稿