新撰落語もぎた亭

新撰落語もぎた亭

新作落語の老舗落語会『もぎた亭』です。
上方の落語家四人と落語作家たちによる書き下ろしのネタ下ろし。
会を重ねて80回以上♪ 四半世紀以上続けています♪

 

晴れ本日は晴天なり。冴え冴えとした冬らしい青空でした。

とはいえこの節、オミクロン株感染者急拡大などなど

不穏なニュースも流れてくるので、心配もしておりました。

 

しかしです。

開場すれば、たくさんのお客様がご入場。

音譜一同感謝と感激です音譜
今回はいつもよりも男性が多い印象でした。

皆様には、手指の消毒・マスクの着用など

感染対策にもご協力いただき、

重ね重ねまことにありがとうございます。泣くうさぎ

 

まずは、高座の順決めのあみだくじ。

お客さまが線を書き加えて、より公正なくじ引きにします。どきどきどき。

 

 

 

今回は「もぎた亭」開幕の前に、特別な演芸がひとつ。

もぎた亭の作家の一人、碓井隆さんの登壇です。

実は彼は松竹芸能所属の芸人さんなのです。


エンラエンラ碓井 

放課後に生徒二人の仲裁をする先生。事情があり早く帰りたい…のコント。

 

 

 

さて、見事に一番くじをひきあてた団四郎師匠から、

ネタおろし新撰落語のパレードです。はじまりはじまり。

 

露の団四郎 「コンビニ強盗」(作・小松繁) 

強盗初心者の不手際を見かねて、コンビニ店長がなぜか指導をしてしまう…。

 

 

 

笑福亭松五 「親子風呂」(作・堀文四郎)

お父さんと息子が銭湯でわーわー。ぽかぽかとあったかい落語です。

 

 

 

 

桂文福 「恐怖ののろい」(作・神崎京一)

呪術師に呪いをかけられた夢を見た男が、友達に相談するおはなし。

 

 

 

 

笑福亭呂竹 「甲子園詣り」 (作・堀文四郎)

甲子園の阪神戦見物風景。「野球あるある」の共感ネタが満載です。

 

 

世界初公開の新作創作落語を四本、

今回も楽しんでいただきました。

拍手喝采、大笑いのうちに無事閉幕です。

さあ、次回にむけてまた新しい落語をこしらえましょう。

たくさんのお客様のご来場をお待ちしておりますよう。

 

※第84回は、令和4年6月25日(土)開催の予定ですビックリマーク

 

 

「第83回新撰落語もぎた亭」 

令和4年1月22日(土) 午後2時に開演です。           

開場は、午後1時半。
会場は、動楽亭 です。

 

 

笑福亭松五 「親子風呂」           (作・堀文四郎)

桂文福    「恐怖ののろい」          (作・神崎京一) 

露の団四郎 「コンビニ強盗」        (作・小松繁)

笑福亭呂竹 「甲子園詣り」         (作・堀文四郎)

合格 高座の順序は、当日その場で、あみだくじにて決定の予定。
   演目は順不同でご案内しています。

 


料金 2500円
問い合わせ:
あきんど落語笑店 0798-43-0394

●文福らくごプロモーション 0743-73-6663

 

地図です ↓
動楽亭地図

 

 

 

門松新年が明けたら、コロナ禍も明けてるといいですね。鏡餅といいながら

第83回もぎた亭の準備を始めました。(いまは令和3年の11月です

 

いつものように座席の距離、消毒、換気など、十分に工夫の準備をして

お客様をお迎えしようと相談しております。

いつものようにお客様にも、体調管理、各自マスク着用など、

またご協力をお願いすることになると思います。

落語のネタは、もちろんいつものように、できたてのほやほやで

いつものように新鮮でひやひやのどきどきです。ラブラブ 

新しい年の新しいハナシは、きっと縁起物。絵馬 笑門来福 !

皆様のご来場を一同心よりお待ちしております。  くまクッキーうさぎクッキーねこクッキーねこクッキー

 

 

第1回から第27回までは「落語一番搾り」という名称でした。

 

第1回 1992年7月21日
「げんかつぎ」     作・遠山桜      桂福車
「夜叉ケ池」     作・佐和良春雄   露の都
「壱両長者」     作・さとう裕      桂蝶六
「蛸の恩返し」    作・佐和良春雄    笑福亭福三

第2回 1992年11月26日
「乱れ髪」       作・佐和良春雄     桂蝶六
「レプリカ」      作・神崎京一     桂福車
「似顔絵 」      作・さとう裕       笑福亭福三

第3回  1993年 3月16日
「山ん婆」       作・さとう裕      露の都
「五行」        作・佐和良春雄   桂福車
「三つのお願い」   作・神崎京一    笑福亭福三
「平成任侠伝」    作・日高満博    桂福車

第4回  1993年 7月1日
「魔女狩り」      作・神崎京一     桂福車
「仁義なき面接」   作・日高満博     笑福亭福三
「蛙酒」        作・さとう裕      桂蝶六

第5回  1993年 10月28日
「 バック・トゥ・ザ・オオサカ」   作・須田泰成     桂蝶六
「 辞世の句」         作・遠山桜       桂福車
「 燃えよエジソンへの道」 作・神崎京一     笑福亭福三

第6回  1994年 2月3日
「三顧の礼」          作・神崎京一    笑福亭福三
「アラスカ物語」        作・神崎京一     桂蝶六
「満月の竜」          作・山田てつ    桂福車

第7回 1994年 5月18日
「デイリィ河内が行く」     作・須田泰成    桂福車
「 贋作テーマパーク」     作・須田泰成    笑福亭福三
「平家の仇討 」        作・神崎京一    桂蝶六

第 8回  1994年 9月8日
「2100年プロレスの旅」    作・須田泰成    笑福亭福三
「 読心術」            作・山田てつ    桂蝶六
「戦国屋台村」         作・神崎京一    桂福車

第9回 1994年 12月8日 
「おダイエット」         作・神崎京一    桂蝶六
「 Xmasミステリー」      作・山田てつ    笑福亭福三
「 象引き物語 」        作・ブーチ古谷   桂福車

第10回 1995年 3月7日
「大阪人は誰だ」       作・神崎京一    桂 福車
「小早川家の人々 」     作・神崎京一    桂蝶六
「 鑓の権三でひと芝居 」  作・さとう裕      笑福亭福三

第 11回 1995年 6月22日
「 デ・パ・ガ」          作・北村京子    桂蝶六
「タイム・スパゲティー」   作・神崎京一    笑福亭福三
「実験動物の詩」        作・岡本工      桂福車

第12回 1995年 9月28日
「ノルマを死守せよ」     作・神崎京一      桂福車
「 和籐内の冒険」        作・佐和良春雄   笑福亭福三
「鉄の誓い」           作・佐和良春雄   林家花丸
「 ニッポン役人国」      作・ブーチ古谷     桂蝶六

第13回 1996年 1月28日
「三丁目の引っ越し」     作・神崎京一   林家花丸
「婆あちゃん旅行社」     作・さとう裕    笑福亭伯鶴
「 寺うどん」            作・奥井康弘   桂福車
「ドクターキャット」       作・田辺悟     笑福亭福三

第14回 1996年 5月9日
「 釣り師吉田はん」      作・さとう裕    笑福亭福三
「喜助酒」            作・さとう裕    桂蝶六
「オーマイルーム」        作・神崎京一  桂文福
「子探し 」            作・浅井豊   桂福車

第 15回  1996年 9月5日
「暴力きょうし2」        作・神崎京一   桂枝三郎
「私を温泉へ連れてって」   作・神崎京一   桂蝶六
「ピンクの象」          作・辻英朗     林家花丸
「ナースコール 」        作・岡本工     笑福亭福三

第16回  1997年 1月24日 
「幻の酒」           作・浅井朝治     桂つく枝
「守ってあげたい」     作・佐和良春雄    林家花丸
「もったいない」       作・田辺悟       桂福車
「スーツ未亡人」      作・奥井康弘     桂蝶六

第17回 1997年 5月30日 
「勝負師」            作・神崎京一    笑福亭福三
「麻呂と看守」        作・小林康二    桂福車
「あれが青春だ」       作・神崎京一    桂文福
「古事記ブルース」     作・佐和良春雄   笑福亭伯鶴

第18回 1997年 10月6日
「名前のない街」      作・田辺悟     桂福車
「誘い幽霊 」         作・浅井朝治   桂つく枝
「大阪オリンピック 」   作・辻英朗    桂蝶六
「 えっマニュアル」     作・神崎京一   林家花丸

第19回 1998年 2月17日
「穴掘り」            作・浅井朝治      桂つく枝
「鶴亀銀行の謎 」        作・佐和良春雄   笑福亭伯鶴
「お地蔵様 」           作・神崎京一      笑福亭福三
「クローン博士の大発明」 作・さとう裕       桂文福

第20回 1998年 6月7日
「 縁切り寺 」           作・神崎京一   桂つく枝
「カルチャー破り 」       作・神崎京一   桂福車
「はっきりせんかい」     作・奥井康弘    笑福亭福三
「 総会屋を吐かせ」      合作 4人

第21回 1998年 10月5日
「 影」               作・岡本工    林家花丸
「ミッションポッシブル 」  作・神崎京一   桂福車
「どどいつ」          作・辻英朗    笑福亭伯鶴
「禅寺のクリスマス」      作・神崎京一   笑福亭福三

第22回 1999年 2月17日 
「藤四郎 」           作・山田てつ    笑福亭純瓶
「 姥ヶ池」            作・佐和良春雄  露の団四郎
「温泉騒動」          作・辻英朗     桂文福
「リクルート」         作・神崎京一     笑福亭福三

第23回1999年 6月18日
「予備校生ブルース」     作・神崎京一    露の団四郎
「夫婦の刺客 」        作・山田てつ    笑福亭純瓶
「不開の間」          作・佐和良春雄   笑福亭福三
「ベースボール協奏曲」    作・奥井康弘    桂文福

第24回 1999年 10月13日
「バカねこ(パート1) 」     作・山田てつ   笑福亭純瓶
「 習わし」            作・神崎京一   笑福亭福三
「探偵小説」          作・遠山桜     露の団四郎
「すとれす」           作・神崎京一   桂文福

第25回 2000年 2月18日
「カラスなぜなく 」       作・佐和良春雄  露の団四郎
「本家」              作・神崎京一   笑福亭純瓶
「ラーメンビジネス最前線」  作・奥井康弘   桂文福
「クレオパトラの鼻」       作・中田清     笑福亭福三

第26回 2000年 7月5日
「捜査官 」             作・神崎京一      笑福亭純瓶
「無職のススメ」         作・佐和良春雄   笑福亭福三
「ノー天気ファミリー」      作・遠山桜      露の団四郎
「占い」              作・神崎京一     桂文福

第27回 2000年 11月9日
「 まなー 」             作・神崎京一    笑福亭純瓶
「長寿の祝い 」          作・瀧野鮎     露の団四郎
「ナビゲーターの反乱 」      作・生駒芳弘    桂文福
「 盗人の災難 」         作・神崎京一    森乃福郎

 

 

第28回からは「新撰落語もぎた亭」となりました。

 

第28回 2001年 3月12日
「考える人々」          作・佐和良春雄   笑福亭純瓶
「 ショッピング・モール 」    作・奥井康弘     露の団四郎
「バイ・バイ・バイオ 」     作・生駒芳弘     桂文福
「 資格マニア 」          作・神崎京一     森乃福郎

第29回 2001年 7月27日
「 MSJ 」               作・神崎京一    桂文福
「居酒屋ワールド 」       作・神崎京一    笑福亭純瓶
「セクハラの幽霊 」       作・中田清     露の団四郎

第30回 2001年 12月7日
「 ンバボッ」           作・奥井康弘   笑福亭純瓶
「無責任」            作・神崎京一    露の団四郎
「もぎたて艶笑落語」      作家陣       桂文福
「リクエスト落語 」       (リクエスト)     森乃福郎

第 31回 2002年 3月30日
「 ドリームホーム 」       作・瀧野鮎     森乃福郎
「脳の仕替え」         作・佐和良春雄  笑福亭純瓶
「市長秘書」           作・生駒芳弘    桂文福
「相談が危ない 」        作・神崎京一    露の団四郎

第32回 2002年 9月6日
「ゲームの達人 」        作・神崎京一    笑福亭純瓶
「得意わざ 」           作・中田清     露の団四郎
「悪夢の日曜日 」         作・奥井康弘    桂文福
「寄り道」             作・神崎京一    森乃福郎

第33回 2002 12月12日
「宇宙からのプロジェクトX 」  作・生駒芳弘  露の団四郎
「 蟹」                作・中田清    桂文福
「羽柴の毒味 」          作・神崎京一  森乃福郎
「 迷信 」              作・神崎京一  笑福亭純瓶

第34回2003年 3月29日
「 こぶとりじいさん」        作・神崎京一    笑福亭純瓶
「風邪が吹けば・・・」       作・佐和良春雄   森乃福郎
「催眠商法」             作・生駒芳弘    露の団四郎
「 大吉」               作・神崎京一    桂文福

第35回2003年 7月12日
「 たかり酒」             作・生駒芳弘   桂文福
「永久歯」             作・佐和良春雄  露の団四郎
「自由研究」            作・神崎京一   森乃福郎
 閻魔の極楽」           作・神崎京一   笑福亭純瓶

第36回 2003年 12月6日
「雀のお宿」              作・安井参     笑福亭純瓶
「真珠の涙 」           作・生駒芳弘   桂文福
「呪術師」              作・神崎京一   露の団四郎
「閻魔の苦悩」           作・神崎京一    森乃福郎

第37回 2004年 4月10日
「壬生獅子伝」          作・藤原伊織   笑福亭純瓶
「銭湯エレジー」         作・村口恒茂   桂文福
「そろりそろり」          作・遠山桜     森乃福郎
「猫寺」               作・三田村正瑞  露の団四郎

第38回 2004年 7月10日
「 かごめ」             作・神崎京一    笑福亭純瓶
「進化論」             作・佐和良春雄  桂文福
「唄う新撰組 」          作・村口恒茂    森乃福郎
「俺たちは志士じゃない」    作・藤原伊織     露の団四郎

第39回 2004年 11月13日
「 神の左手、悪魔の右手」   作・藤原伊織   笑福亭純瓶
「 明け方の夢」          作・瀧野鮎     露の団四郎
「禁煙喫茶」            作・神崎京一   桂文福
「青球双六」            作・三田村正瑞  森乃福郎

第40回 2005年 4月15日
「入学式後」            作・神崎京一   桂文福
「後の祭り」             作・中田清     森乃福郎
「松茸伝説」            作・神崎京一    露の団四郎
「お爺さんのクリスマス」    作・三田村正瑞  笑福亭純瓶

第41回2005年 7月7日
「パブロフの犬」          作・神崎京一    桂文福
「 明日のカガミ」          作・村口恒茂   森乃福郎
「いないいないバーバー」    作・安井参     露の団四郎
「ドラキュラ」            作・神崎京一    笑福亭純瓶

第42回 2005年 11月22日
「宝くじ」               作・神崎京一    森乃福郎
「やんちゃ兄弟 」         作・三田村正瑞   桂文福
「子ぐれ狼 」            作・藤原伊織    露の団四郎
「四国八十八カ所霊場巡り」  作・村口恒茂    笑福亭純瓶

第43回 2006年 4月4日
「 交番日記」           作・安井参   桂文福
「京都検定」            作・神崎京一  森乃福郎
「女人結界」            作・神崎京一  露の団四郎
「あと2分」             作・藤原伊織  笑福亭純瓶

第44回 2006 年7月11日
「 発情期 」             作・森田保隆   露の団四郎
「電脳死霊腸語始」       作・角野恵志   笑福亭純瓶
「鬼ヶ島」             作・藤原伊織    桂文福
「小僧の初夢」          作・安井参     森乃福郎

第45回 2006年 11月5日
「 さかさ夫婦 」          作・生駒芳弘    露の団四郎
「平蜘蛛の釜」          作・神崎京一   笑福亭純瓶
「今どきの子供」         作・松田裕志   桂文福
「下天は夢か」          作・神崎京一    森乃福郎

第46回 2007年 3月22日
「ダイピンチコート」       作・神崎京一   露の団四郎
「ふるさとの千本桜」      作・角野恵志   笑福亭純瓶
「温泉男 」             作・生駒芳弘   桂文福
「 トレーニング」         作・神崎京一   森乃福郎

第47回 2007年 7月27日
「 押し売り 」             作・みたら正    露の団四郎
「ぐうたら金魚 」         作・森田保隆   笑福亭純瓶
「おれおれ詐欺」         作・神崎京一   桂文福
「 愛の取調室」          作・藤原伊織   森乃福郎

第 48回 2007年 10月23日
「 家族ドライブ」           作・松田裕志   桂文福
「最後の望み」           作・神崎京一   森乃福郎
「なぞのカルタ」           作・山田てつ    露の団四郎
「九福神」              作・向山正家   笑福亭純瓶
「受験生」              作・神崎京一   林家そめすけ

第49回 2008年 3月5日
「注文の多い料理店」      作・神崎京一  林家そめすけ
「あの世この世」          作・土屋茂    森乃福郎
「携帯にしてね」            作・神崎京一  桂文福
「もてたい奴」              作・山田てつ   露の団四郎

第50回 2008年 7月23日
「八十墓村の祟り」       作・神崎京一   林家そめすけ
「爺さん婆さん」         作・藤原伊織   森乃福郎
「読書感想文 」          作・神崎京一   桂文福
「ゆうれいな彼 」        作・土屋茂     露の団四郎

第51回 2008年 12月4日
「 あの頃に戻れば」      作・土屋茂       笑福亭扇平
「全然大丈夫」          作・森田保隆    林家そめすけ
「すたーうおーずエピソード2089~2089番目にくだらないエピソードより~ 」
                    作・福田和栄    露の団四郎
「幕下だよ 土俵入り」      作・向山正家    桂文福
「薬を飲もう 」            作・神崎京一    森乃福郎

第52回 2009 年3月17日
「(夏の医者みたいな)冒険者たち」 作・土屋茂     笑福亭扇平
「スター犬誕生」             作・角野恵志   林家そめすけ
「名産品自慢」              作・松田裕志   露の団四郎
「トド」                    作・山田てつ    桂文福
「 デスノート」                作・神崎京一   森乃福郎

第53回 2009年 7月11日
「エアーええやん」             作・山田てつ   林家そめすけ
「天神祭の宴」               作・東村知子   露の団四郎
「鶴亀芸能者 」              作・松田裕志   桂文福
「僕たち裁判員」              作・向山正家   森乃福郎

第54回 2009年 12月4日
「 進路指導室」              作・福田和栄   林家そめすけ
「聞香炉」                  作・神崎京一   露の団四郎
「ミュージカル・メガネ」          作・藤原伊織   桂文福
「饂飩」                    作・神崎京一   森乃福郎

第55回 2010年 3月4日
「神々の決断」               作・神崎京一   林家そめすけ
「妖怪べろべろ」              作・森田保隆   露の団四郎
「まくらのための小噺集」        作・向山正家   桂文福
「 繁昌亭殺人事件」            作・神崎京一   森乃福郎

第56回 2010年 7月28日
「二人遍路」               作・脇本忍      露の団四郎
「コレクター」               作・神崎京一   桂文福
「この手が」                作・生駒芳弘   森乃福郎
「健康食品」               作・神崎京一   林家そめすけ

第57回 2010年 11月24日
「スポーツ玉手箱」           作・向山正家   桂文福
「英語はキライ! 」          作・向山正家   森乃福郎
「ポイントカード 」            作・神崎京一   林家そめすけ
「中辛」                  作・神崎京一   露の団四郎


第58回2011年 3月18日
「 日曜の夜」               作・脇本忍     森乃福郎
「 願かけ不動さん」           作・向山正家    桂文福
「転職」                   作・脇本忍     露の団四郎
「 痛い痛い痛い」             作・丘田拓郎    林家そめすけ

第 59回 2011年 9月7日 
「ホームステイ」              作・脇本忍     桂文福
「フェイストゥフェイス」           作・高田豪     露の団四郎
「わけあり」                 作・神崎京一    林家そめすけ
「メールの達人 」             作・松田裕志   森乃福郎

第 60回 2012年 2月7日
「名前」                   作・神崎京一   露の団四郎
「任侠グループホーム」         作・脇本忍     林家そめすけ
「ホームメイド正子」            作・高田豪     森乃福郎
「沈黙の居酒屋 」            作・神崎京一    桂文福

第 61回 2012年 7月19日
「連れて帰って」                  作・丘田拓郎   露の団四郎
「爆音」                         作・松田裕志   桂文福
「もし高校野球の女子マネージャーが…」      作・神崎辰也   森乃福郎
「ツンデレ女房」                 作・高田豪     林家そめすけ

第 62回 2012年 12月17日
「 阪神タイガース都構想 」       作・神崎辰也   林家そめすけ
「 家庭用」                 作・神崎京一   桂文福
「 ごみ分別作業 」             作・松田裕志   露の団四郎
「イヤーエステシャン            作・高田豪     森乃福郎

第 63回 2013年 4月2日
「 猫の手」                  作・神崎京一   森乃福郎
「替え玉屋」                 作・神崎辰也   林家そめすけ
「2050年」                 作・向山正家    露の団四郎
「 蜂の恩返し」               作・高田豪     桂文福

第 64回 2013年 9月11日
「 おもてなし」                作・神崎京一   桂文福
「 健忘症 」                 作・松田裕志   森乃福郎
「サスペンス劇場」             作・松田裕志   林家そめすけ
「矛盾 」                   作・神崎京一   露の団四郎

第 65回 2014年 2月20日
「刈りこみ魔」                作・向山正家   露の団四郎
「新幹線革命」                作・神崎辰也   桂文福
「三択問答」                 作・松田裕志   森乃福郎
「鍵屋」                    作・脇本忍     林家そめすけ

第 66回 2014年 6月2日
「サーカスの夜明け 」           作・脇本忍    林家そめすけ
「失敗の法則」                作・松田裕志    露の団四郎
「助けた亀田に連れられて」       作・高田豪    桂文福
「 ゴーストライターズ 」          作・神崎京一  森乃福郎

第 67回 2014年 11月10日
「 教科書が」                 作・神崎京一    森乃福郎
「 真実の口」                 作・高田豪     林家そめすけ
「お尻は飛んでゆく」             作・竹下玲子    露の団四郎
「 羊が一匹」                 作・神崎京一    桂文福

第68回 2015年 4月24日
「プロ野球・サービス改革」         作・神崎辰也    桂文福
「井戸女房」                  作・高田豪      森乃福郎
「神様のお願い」               作・神崎京一    林家そめすけ
「 家庭内別居 」               作・松田裕志    露の団四郎

第69回 2015年 9月25日
「 膝小僧」                   作・荻野さちこ    露の団四郎
「地獄にサタケ」                作・高田豪      林家そめすけ
「仕合わせ瓢箪 」              作・荻野さちこ     森乃福郎
「マラソンランナー」                作・神崎京一     桂文福

第70回 2016年 2月21日
「ハンバーグ屋に入ったら」        作・丘田拓郎     林家そめすけ
「恐怖の童謡」                  作・松田裕志    露の団四郎
「ゆかいなリゾート 」               作・神崎京一      桂文福
「訪べん者」                   作・丘田拓郎      森乃福郎

第71回 2016年 7月23日
「恋愛野球部」                作・丘田拓郎     林家そめすけ
「三日天下」                    作・神崎京一     森乃福郎
「インスタント嫁」                  作・木積秀公      露の団四郎
「還暦・桃太郎」                作・高田豪          桂文福

 

第72回 2017年 1月28日
「孤島の記憶」                  作・丘田拓郎      笑福亭岐代松
「選択肢」                       作・神崎京一      森乃福郎
「不思議な恩返し」                作・高田豪        桂文福
「話を聞かない男」               作・高田豪          露の団四郎

 

第73回 2017年 6月25日
「ツッコんでほしいの」               作・高田豪        桂文福

「やりかけ」                     作・神崎京一      笑福亭岐代松
「ミイラ取り」                       作・神崎京一      森乃福郎
「こうしゅう」                         作・神崎京一     露の団四郎

 

第74回 2017年 11月25日
「電話一台記」                    作・木積秀公     森乃福郎

「本屋の善さん」                作・荻野さちこ      露の団四郎
「あみだくじ」                       作・神崎京一     笑福亭岐代松

「マザコンダ」                       作・高田豪         桂文福

 

第75回 2018年 4月21日
「巾着餅」                       作・木積秀公     笑福亭岐代松

「ついてる男」                  作・高田豪        露の団四郎
「考えられへん!」                  作・高田豪       桂文福

「インドで骨折」                    作・丘田拓郎        森乃福郎

 

第76回 2018年 9月22日
「なんでも不動産」                  作・井村日出夫    露の団四郎

「例え話」                     作・神崎京一       森乃福郎
「初切力士」                       作・碓井隆        桂文福

「二択男」                        作・高田豪            笑福亭岐代松

 

第77回 2019年 3月30日
「霊能者」                        作・碓井隆       笑福亭松五

「知らんけど」                   作・神崎京一       露の団四郎
「初めて病」                       作・高田豪         桂文福

「後生の河童」                     作・荻野さちこ         笑福亭呂竹

 

第78回 2019年 10月27日
「助けてデリバリー」               作・井村日出夫    露の団四郎

「仁義なき商い」                 作・松田裕志        桂文福
「超能力」                          作・碓井隆         笑福亭松五

「うわさのお団子」                    作・井村日出夫        笑福亭呂竹

 

第79回 2020年 2月22日
「殴られ屋」                    作・碓井隆        笑福亭松五

「卒業式」                     作・神崎京一           笑福亭呂竹
「私が握りました」                  作・高田豪           桂文福

「一回り」                         作・神崎京一            露の団四郎

 

第80回 2020年 8月22日

「気分は上場」                 作・碓井隆       笑福亭松五

「釘付け」                       作・荻野さちこ     露の団四郎

「元亀」                         作・高田豪       笑福亭呂竹

「あえういお」                   作・松田裕志      桂文福

 

第81回 2021年 1月23日

「トイレ貸してください」             作・井村日出夫       桂文福

「遺言罰ゲーム」               作・碓井隆                    笑福亭松五

「居酒屋おかん」               作・松田裕志             笑福亭呂竹

「つるのおんがえし」             作・神崎京一          露の団四郎

 

第82回 2021年 6月26日

「羽黒望(はぐろもち)」             作・堀文四郎          桂文福

「てんぷらうどん」               作・松田裕志                笑福亭呂竹

「とっても大事な暗証番号」        作・井村日出夫       露の団四郎

「すごろく町おこし」              作・碓井隆                笑福亭松五

 

 

傘雨降りが心配な空模様でしたが

なんとか持ちこたえてくれました。くもりくもりくもりくもりくもり

今回は当日券のお客様の割合が多い感じ。
コロナ禍も心配なさなか、来場のご決断に感謝いたします。

晴れ本当にありがとうございます。 _(._.)_ モグラモグラ

 

まずは四人そろって、オープニングトーク。

コロナ禍で、お仕事中止が多いので、ついついぼやきが出ますが

団四郎師匠は、料理の機会が増えて腕がメキメキあがったとか。

文福師匠は伸び放題の髭もユーチューブの撮影前に剃って着物を着て、気持ちを引き締めてるとか。

みなさん、元気にまいりましょう。筋肉

 

あみだくじ あみだくじ。お客さんも交えてあみだくじ。

 

 

怨みっこなしで、高座の順が決定です。

 

桂文福 「羽黒望(はぐろもち)」(作・堀文四郎) 

師匠の大好きな相撲力士の物語。最後は相撲甚句をあの美声で歌い上げました。

 

 

 

笑福亭呂竹 「てんぷらうどん」(作・松田裕志)

古典落語をオマージュして練って捏ね上げたお噺。麺類が食べたくなります。

 

 

 

露の団四郎 「とっても大事な暗証番号」(作・井村日出夫)

シニア夫婦が思い出せない暗証番号に翻弄されATMを行脚する落語です。

 

 

 

笑福亭松五 「すごろく町おこし」 (作・碓井隆)

ストーリーに何度もでてくる「こけし」。しつこいボケに中毒性のある笑いが…。

 

 

世界初公開の新作創作落語を四本、

聞いていただきました。

お客席のみなさんマスク越しに大いに笑っていただいて

きっと免疫力も上がったことと思います。

 

次回も新しい落語をこしらえて

たくさんのご来場をお待ちしております。

 

※第83回は、令和4年1月22日(土)開催の予定ですビックリマーク

 

 

「第82回新撰落語もぎた亭」 

令和3年6月26日(土) 午後2時に開演です。           

開場は、午後1時半。
会場は、動楽亭 です。

 

 

 

笑福亭松五 「すごろく町おこし」       (作・碓井隆)

桂文福    「羽黒望(はぐろもち)」      (作・堀文四郎) 

露の団四郎 「とっても大事な暗証番号」 (作・井村日出夫)

笑福亭呂竹 「てんぷらうどん」       (作・松田裕志)

合格 高座の順序は、当日その場で、あみだくじにて決定の予定。
   演目は順不同でご案内しています。

 


料金 2500円
問い合わせ:
あきんど落語笑店 0798-43-0394

●文福らくごプロモーション 0743-73-6663

 

地図です ↓
動楽亭地図

 

 

 

新型コロナウィルス感染防止の観点で、

座席の距離、消毒、換気など、十分に工夫の準備をして

お客様をお迎えしようと相談しております。

皆様にも、体調管理、各自マスク着用などのご協力をお願いいたします。

 

新作落語のネタおろしを楽しんでいただく会も82回目となりましたっ!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。  照れ照れ照れ照れ