東池袋の行政書士、齋藤さんだぞ。

 

ご訪問ありがとうございますm(_ _ )m

 

最近は、日に日にだんだんと肌寒くなっていきますね。

 

さて、11月11日(日)は行政書士試験が

ありました。

受験された皆さん、大変お疲れ様でした!

 

 

 

受験の専門家でもなんでもないですが

感じたことを書いてみます。

 

受験生時代は5回本試験受けたから、

ある意味受験のプロかも(笑)

 

 

 

一般知識の出題が話題になっていましたね。

かなり実務よりの出題が目立ちました。

 

 

問題47

外国人技能実習制度に関する問題。

テレビや新聞でも入管法の改正について

騒がれているので聞いたことがあるって方が

多いかも。

 

 

問題48

獣医師さんとはお仕事したことないですし、

士業を管轄している省庁は難しいですよね…。

 

 

問題52 肢イ、オ

帰化許可申請をすると、外国人の住民票の提出は求められます。

もし、その方が会社経営をされていると、法人の住民税の納税証明書を求められます。

都道府県民税、市区町村民税の納税証明書として。

 

 

問題53

色々と議論を巻き起こし、私の周りでも盛り上がっていました(笑)

風適法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)に関する問題。

 

私は、やったことのない分野なので細かいことは

分かりません。

 

ただ、風俗営業を検討されているお客様とお会いするなら

確実に頭に入っていないといけないレベルかと思います。

 

 

ざっくりと言うか、漠然となになにの業務をやりたい!

と、相談されるお客様は実際多いです。

そこで、私たちは、どういった申請が必要か?

届出で足りるのか?

そもそも、誰でも出来るのか?

 

申請するなら、人的要件は?

設備要件は?財産的要件は?

費用や標準処理期間は?

などを的確に答えられることが重要になってきます。

 

 

 

 

受験生時代にこれらの問題が出たら、

私は間違いなくフリーズしていたと思います(笑)

 

それくらい難しい問題が多かったのではないかと

個人的には思いました。

 

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございましたm(_ _ )m

 

 

 

 

 

 

さいとう行政書士事務所のページ