今日はほめ育の日~基本はほめるけど | もえもえ育児ほぼ終了日記と障害児家族の防災ブログ

今日はほめ育の日~基本はほめるけど

大人、特に障害があるもえもえが生まれて子育てに専念するために仕事をやめて主婦になってからはなかなか誉めてもらえることは無いなぁ。

でも、もえもえを誉めてもらえることで間接的に誉めてもらえていると感じることはあるかな。


最近ほめられて嬉しかったこと

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


非常時の備えしてくださいね!

特に災害弱者と呼ばれる方ほど備えは必要です。

防災記事まとめ・その1はこちら➡
防災記事まとめ・その2はこちら➡
自宅療養・感染対策まとめはこちら➡

先天性難病による障害児もえもえのことまとめてます。
もえもえの誕生から通園までのまとめ➡
もえもえの通園&通学のまとめ➡
もえもえの摂食のまとめ➡
もえもえのトイレトレーニングまとめ➡

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

重度知的障害のもえもえを育てていて一番難しいなと思うのが「駄目なことは駄目」と教えることです。

出来るようになって欲しいことはどんどん誉めることで伸ばしていけるけど、やっちゃ駄目なことはなぜ駄目なのかを言葉で理解できないもえもえに伝えるのは本当に難しいショボーンもやもや

基本的には誉めて伸ばす方針で育ててきましたが、トイレトレーニング中の不潔行為や、突然のパニックとそれに伴う自傷と他害に関しては「やらないことを誉める」だけではやめさせることは出来ませんでした。


上矢印でも書きましたが、もえもえの不潔行為が無くなったのは私が大爆発したことがきっかけでした。
もえもえに手を上げてしまったことは未だに心が痛む記憶ですが、私がそこまで感情的になってぶつけたことで初めてもえもえに「これはしてはいけないことなんだ」と認識させることが出来たのも事実です。

それ以降「駄目なことは駄目」を伝える為にある程度は怒りの感情や他害された時にはこちらも痛いんだという様子を出して伝えることにしました。

やっては駄目なことには下手に反応すると反応してくれたことそのものがご褒美になってしまう「負の強化」の一面があるので、基本的には感情的にならず、冷静に「駄目」と伝えた方が良いとされていますが、もえもえにはそれだけでは伝わりにくい。

勿論闇雲に怒っただけでは「何が」駄目なのかが伝わらないので、感情は見せながら感情に流されないことは意識しました。
また、もえもえが「どうやらこれは良くないことらしい」と理解してきた様子が見えてきてからは感情を出さずに対応することでもえもえが自分で冷静さを取り戻せるように変えてきました。
落ち着いてくれたら「落ち着くことが出来た」ことを誉めるように心がけています。

残念ながらパニックによる自傷と他害はまだ完全にはなくなっていません。

ですが、頻度は下がりましたし、落ち着くまでの時間は短くなってきていますニコニコグッ

もえもえが混乱しないように事業所でも基本的な対応は共通でお願いしています。

これからもどんな方法がもえもえに一番伝わりやすいのか「誉める」こと「叱る」ことのバランスを考えて工夫していこうと思っています。