諦めかけていた人生に輝きを取り戻す | まいにちが宝物♡

まいにちが宝物♡

毎日をご機嫌に過ごすために人生のお稽古、実践中です♡♡♡

〇〇さんが〇〇と言った。



という出来事、事象




〇〇さんに〇〇と言われた。



もしくは



〇〇された。〇〇れた。






というふうに文章を変えたら同じ事柄でも突然内容が変わったかのように受け身のような文章になる。



前者は〇〇さんが主体。


後者は自分が主体。




怒られた。

否定された。

冷たくされた。


褒められた。

受け入れられた。

愛された、愛されている。

認められた。




そもそも怒る、否定する、冷たくする、褒める、受け入れる、愛する、認めるなんていうものは感覚の話であって形のないもの。




こちらがそう感じただけの話であり


相手にしてみたら



『いや、怒ってないし。。。否定なんてしてないし。。。ただ言っただけなのに(ー ー;)』みたいな。





なんてことも私はよくやらかしてました。

特に主人に対して。


多々ありました。

しょっちゅうでした。

今でもたまにちらちらと顔は出してきますが。






しかしながらノートに書いて俯瞰する習慣がついてくると自分のパターンがわかってくるので


はい、またこれ。ってなります。





全てがただの事象であることを意識していたら



本当〜に被害者意識から抜けられます。



 




相手にしてみたらほんといい迷惑だと思う。 




まともに話にならないし

自分は被害者!ってなってるから思い込みも激しい。

話も聞かない。

そのことで頭がいっぱい。

ややこしいったらありゃしない。





テヘペロ。ごめんちゃい。










これ(被害者意識)をどんどんやめていくと

諦めかけていた人生がまた輝きだすし




大事な人、大切な人をそのままで見ることができるので



冷静になれるので




いい関係性を築くことができます。



一人芝居だったな、独りよがりのコントだったなって分かります。気づきます。


もう嫌だなって思ったらやめたらいいです。


やめる力があるのですから。








そして

何より豊かさが復活しますドキドキ

勝手に感謝が湧いてきますドキドキ







娘お手製のキウイジュース。

皮を薄く剥けないので自由に剥いて(厚切りして)潰して氷をブチ込んでくれました。

可愛くて仕方がありません。

もったいない、チビチビなどという概念のないふとっぱならな自由さが羨ましい限りです。