節目節目にはちまんさん♡ | まいにちが宝物♡

まいにちが宝物♡

毎日をご機嫌に過ごすために人生のお稽古、実践中です♡♡♡

先週の9月9日。

重陽の節句。


石清水八幡宮へお詣りしてきましたドキドキ














この日は久しぶりにケーブルカーで山頂へ。









ケーブルカーで行くのは久しぶりで
降りてから本殿までの距離をすっかり忘れていました。


ケーブルカーから降りたらセミの大合唱
ジージージージー!!!とほんとにすごかった!


こないだセミはどこ行ったのって書いたのに
ここはまだ夏真っ盛りのようでした🌻



その日は下の子を連れていったのもあって
本殿までの自然いっぱいの参道を歩くのに10分、15分程かかったような。


参道は少し湿ったような空気でとっても蚊が多くて


虫除けスプレーをふっていた娘の周りも、何も付けていない私の周りにもブンブン!!!



自然は大好きなのですが、あのブンブンの音やまとわりつくのが苦手すぎて恐怖に近いレベルでゾワゾワしますあせる



知らない間に指に止まってるわ、ブンブンブンブン耳元であの音がするわで



虫が大の苦手な娘も半泣きになって2人で小走り笑い泣き



【あぁ、またやってしまった。】と心の中でぶつくさぶつくさと一人反省会をしながら


心地よさを求めてきたはずなのに!
こんなはずじゃなかったのに!

と、後悔と反省の入り混じった本殿までの道のり。笑



ようやく辿り着いた本殿でお詣りして、ぐるりと一周回って摂社さんにもさっとご挨拶で滞在時間約10分。。。えーん









そして帰ろうとしたら門のところに





タキミカさんのような年齢不詳で
ムッキムキの鍛え上げられた黒光りをしたような肉体のおじいさまがいらっしゃいました。


タンクトップに短パン!
御歳いくつだろう?
パッとしか見えなかったけど70代か80代ぐらいかな?
ランニングの途中に寄られた感じでした。




その素晴らしい年配の紳士が目の前に現れて



あぁ、はちまんさんは必勝の神様でもあって

競技とか勝負の世界ももちろんそうだけど


私は己の中にある甘い言葉や不必要な思考、それらに打ち勝つ強い力のための必勝祈願でもあるなと思った。


筋トレしようと言いながらなかなかやらなくて
おやつを食べちゃう私の前に舞い降りてくれた神様照れ




もちろんダウンロードさせていただきます!!!










帰り道。
お手洗いに行きたくなった娘。

当然のことながらまたもやたくさんの蚊がブンブン!!!


持っていた市販のアロマの除菌スプレーを振りまくるけどほとんど効果なし。。。そりゃそうだ。



近くにある宗像三女神さんにもゆっくりお詣りしたかったのだけれどパッとだけ挨拶あせる


急いでケーブルカーの駅へ向かいました。







蚊の思い出がかなりの割合を占めたこのお詣り。





あー。そうだった。

ここは山だった。
そりゃ当然蚊もいるわ。


と改めて思った。ほんとただの計画ミスえーん




だけどやってみたから色々なことが分かったし、一度経験してやってみたからこそ得たものがある。




好きな場所へはなるべく私1人で行く方が合っているな。とか


どうしても子連れになるならその事も踏まえてもっと考慮しようとか


山である、とか


それは本当にどうしても今行かなければならないものなんだろうか、とか




パッパッパッと衝動的に動くのも良いけれど


自分の性質や時と場合にもよる。


落ち着いて冷静に考えてみるのも必要。


本当に本当にそれ、今無理してでもやりたいことなのかな?って。














帰りのケーブルカーから見えた景色ドキドキ


遠くに京都タワーも見えました





ケーブルカーの中では、はちまんさんの案内のアナウンスが流れるのですがそれがまた素敵なのです。





そのアナウンスで聞いたはちまんさんの麓にある高良神社のお話。







(石清水八幡宮のHPからお借りしましたドキドキ




上の文章にも書いてありますが

高良神社を八幡宮と間違えてお詣りをした僧侶のお話。


【小さなことにも、案内者(指導者)は欲しいものである。】




〝誰にでも教えてくれる人は必要だなぁと僧侶は思いました〟ケーブルカーのアナウンスでは優しい表現で流れていましたが


本当にその通りだわ‼️










いろんな意味で楽しかったはちまんさん詣りでしたドキドキ