漫画好き | ぴーの〝毎日幸せ♡〟

ぴーの〝毎日幸せ♡〟

波乱万丈でとても生きづらかった過去。
そんな毎日を変えたくて色々な人に会い、学び、実践してきました。
私が学んだことやつぶやきを発信しています♡
大好きがいっぱいで幸せな世界へ♡

こんにちはひろみです🌝


先日息子が持って帰ってきた算数のプリントに





角柱



と書いてありました。








こんなやつです。
画像お借りしました。





かどばしら?!



何それめっちゃかっこいいやんラブ






息子に言われました。





見過ぎ。




これ。




私の名前の中に角という字があるので


かどばしら!?!?


柱みたいでカッコいいんやけど!



となりました。





実際にはかくちゅう、かくばしらと呼ぶそうです。)



鬼滅の刃、読んでおられない方がおられたらごめんなさい





久しぶりに集中して読んだな〜漫画。
伊之助が好き。











そういえば私、漫画が好きでよく集めていました。









ハイスクール奇面組。








そして

りぼん、なかよし、あともう一冊が思い出せない、、、


ひとみ!





(レディレディが好きだった。)







これ、知ってる人いるかな?





つるピカハゲ丸。
名前がわかりやすい。笑


あと、こち亀とか三丁目の夕日はお母さんが読んでいてその流れで読み出しました。





私の幼少期の思い出って

出来なかったこと、叶えてもらえなかったことが
すぐに頭に浮かんでいたのですが


こうやって自分の気持ちをここに書いたり
ノートに書いたりするようになってから

何かのきっかけで、ホロホロっと自分が居心地の良い記憶や気持ちが思い浮かび上がってくることが増えました。







漫画をよく読んでいたなぁ、、、



私が好きなことにはちゃんとお金をかけてもらっていた、ということを思い出せました。


   
毎月、りぼん、なかよし、ひとみを買ってもらっていた。


単行本はなんでも買ってくれた。



今みたいに古本屋さんとか身近になかったから
本屋さんで定価の値段で買ってくれた。



買ってもらえなかったこともそりゃたくさんあったけれど


買ってもらったり与えてもらったこともたくさんあった。



大人になってからも
うちは貧乏だった、と親のことをずっとそんなレッテルを貼って見ていたけれど


一生懸命働いたお金で私にだけは苦労をかけないと
できる範囲で頑張ってくれていた。


そんな気持ちに気付くことは昔の私には到底無理な話で


本当に貧乏だったのは両親ではなくて、この私自身だったのだなと思いました。



上っ面しか見ることができずに、その奥を見るということを知らなかった。



見えるものばかりを基準にして

それを良し悪しとくっ付けて



その奥にある見えない優しさとか気持ちがあることにすら気付かず。





〝◯◯だから貧乏だ!〟と思う気持ちを持っていた私自身が



◯◯にかこつけた



貧乏そのものだったという事実。







忘れていた色んなことを思い出すたびに
勘違いしていることもたくさんあることに気が付きます。
























ちなみに旦那さんが好きな漫画。






稲中と珍遊記って、、、





私の中に備わっていたギャグやシュールなエッセンスが

結婚と同時にこの本たちを通じて


広がったのは過言ではありません。









いつもありがとうございます😊