子どもへの暴言が止められない! | 子どもを叩いてしまうママの為のイライラ子育て解消カウンセリング

子どもを叩いてしまうママの為のイライラ子育て解消カウンセリング

いじめ、不登校、仲間に入れない…そんな子どもへの不安やイライラを抱えた子育てを終わらせませんか?

横浜たまプラーザで対面カウンセリング、全国からSkype・電話カウンセリングをお受け頂いています。


テーマ:
・子どもへの暴言が止められない!


「お前なんかいらん」


「どっかいけ」


「死ね」


「ぶち殺すぞ」


「ママが死んだらお前らのせいや」



発作的に出てくる、子どもへの言葉が酷すぎる…


自分でも信じられないような酷い言葉で、子供たちを責めてしまう…


自分でも止めたいと思うのに、止められない…



冬休みで子どもと長く一緒に過ごしている今日この頃…

あなたも、そんな苦しい思いを、していませんか?

{E0C23081-1987-4B52-900B-A5B1DE2FF9A6}



こんばんは
心屋認定講師で子育てママ専門カウンセラー
福田とも花です。



子どもへの暴言が止められない苦しさを抱えて、初級セミナーを受けられた方から、ご質問を頂きました。

*********

(ここから)


こんばんは、Kです。

初級セミナーからしばらくは、子供たちをすごく愛しく感じて、鼻歌が自然と出たり、子供たちと小躍りしたり、子供たちが体調を崩したこともあって、仕事休んで、ゆっくり過ごせていたんです。


それが日常に戻って、夏の暑さや、時間に追われる毎日で、イライラして、元の子供にひどい言葉を浴びせるママに戻ってしまったんです。


「子供たちにひどい言葉を浴びせるママでもいい」

「良い面と悪い面両方あっていい」


って許可しようともしたんですが、発作的に出てくる言葉が酷すぎて…


すぐ敬語を使ってしまったように、仕事や社会生活では言葉使いが丁寧、優しい、怒ることなんてないでしょと言われるくらいなんです。


それが、次男の妊娠中くらいから、自分でも信じられないような酷い言葉で、子供たちを責めるようになってしまいました。


「お前なんかいらん」

「どっかいけ」

「死ね」

「殺すぞ」

「ぶち殺すぞ」

「ママが死んだらお前らのせいや」

「ママはこんなんやなかったんや」

「あんたらのせいや」

「お願いやから死んでくれ」






大声で怒鳴りながら、机をドンドン叩いて…



いつからこんな人間に、なってしまったんやろう…




鬼ババアなんて皆に自分のこと言ってるけど、そんな可愛い物ではないな、ほんとに鬼やなって思います。


でも、ずっとそうゆう自分だけではなくて、子供を可愛いと思える、幸せな瞬間も沢山あるんです。



心屋で講演会や、今回の初級セミナーや色々なバンジーをしてきて、確実に変わって来ている自分もいるんです。



ダンナさんも、「変わったよ」って言ってくれます。



鬼ババアでもいいよって、小さな子供たちもこんな私を許してくれてます。



でも、衝動的なひどい言葉だけは発作的に出てしまって…止められなくて…このままではいけないって思うんです。


Kさん

(ここまで)
*****************



衝動的なひどい言葉。


やめたいのに…

このままではいけないって思うのに…


止められないのは、不安だし、罪悪感を感じるし、苦しくなるよね…。



だけどね、子どもへの暴言が止められないのには、ちゃんと理由があるんです。


そんな心理を、コチラで詳しくお伝えします。


明日夜21時に配信します。

(こちらは昨年8月に配信した記事を、ご要望頂きましたので、再配信します)


それまでに、ご登録を済ませて、お待ち下さいね。

↓↓↓↓↓


(現在3800名の方が受講されています♪)
【5日間メール講座】
★お申し込みはこちらから★
『言う事を聞かない子どもが一瞬で笑顔になる!5日間メール講座』

子どもを叩いてしまうママの為のカウンセラー とも花さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります