image
10/18
大阪出張での麺活です。この日は、横浜の有名店出身のお店に行くつもりでしたが、前日夜に店主さんにDMすると、翌朝、体調が悪いので臨休との連絡が入り、急遽変更して向かったのが、谷町6丁目の【中華そば うえまち
 
image
 
開店前に到着する予定でしたが、スマホの示した場所が違って、到着したのは開店8分後でした。店内に入ると先客7名でラスト1の席が空いていたので滑り込みセーフ。
 
大阪のRDBベスト5は、①人類みな麺類、②燃えよ麺助、③くそオヤジ最後のひとふり、④中華そば うえまち、⑤烈志笑魚油麺香房三く、こちらだけ未訪でしたので丁度良かったです。店主さんはカドヤ食堂出身です。③は閉店なので現在は⑤に麺や而今大東本店が入っています。 
 
メニューは、中華そば(醤油、塩)、つけ麺、和え麺とシンプル。中華そば(塩)を口頭発注。
 
image
 
メニューの裏を見ると、大和肉鶏と霧島高原純粋黒豚ロイヤルポークのステッカー
この材料を使っているのでしょうね。
 
image
 
卓上グッズは、胡椒のみ。数量限定で中華そば(鶏・豚)というのがありますね。チャーシューが2種類なのでしょうか。
 
image
 
少し待って着丼です。ヘ(゚∀゚*)ノ
見るからの美味しいオーラが出ていますね。
キレイな塩清湯にチャーシュー、メンマ、ネギのシンプルな具材です。
 
image
 
手捏ねのような味のある丼ですね。。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚
 
imageimage
 
早速スープからいただきます。
 
ずずずぅぅぅぅうう~~ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!まいぅ~~ラブラブドキドキ音譜
大和肉鶏の濃い旨味がベースで、そこに昆布、椎茸、節などの和出汁がビシッと効いた美味しいスープですね。これは大好きなチューニングです。旨みは鶏>乾物魚介なんですが、味わいは、和出汁が優勢でいやぁ~流石の人気店ですね。カエシの塩が角が全くなく塩分濃度のジャストでこちらに椎茸とか乾物を仕込んでいるんでしょうね。鶏油も適度のコクで素晴らしいバランスですね。+.o.+゚ルン♪ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚
 
image
 
麺は全粒粉が練り込まれたエッジが効いた中細ストレート麺。麺肌がチュルンとした関西でよく見かける麺です。茹で加減ややや柔らか目でスープとの馴染がいいですね。麺が束になってスープを持ち上げます。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
 
image
 
トッピングはチャーシューメンマ、ネギとシンプル。
チャーシューは霧島高原の純粋黒豚ロイヤルポーク。巻きバラチャーシューと肩ロース肉の煮豚ですが、ホロ柔で味付けは確り、旨味が抜けてなく肉の旨味を堪能できますね。流石のおいしさですよ。+.o.+゚ルン♪ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚
 
image
 
メンマは細切りタイプでコリコリ、九条葱は長めの笹切りで食感も良く、隙が無いですね。
 
image
 
サクッと完食。連食予定でしたが、スープが美味しくて完飲。スープ、麺、具材とも流石のおいしさで完成度が凄く高い一杯です。通いたくなるお店でした。
1軒なら黒豚の炊き込みご飯とのセットがいいですね。
ご馳走様でした。(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆
 
image