image
7/29
冷やしを求めて三鷹のさくら井へ。
三鷹駅から徒歩で13分くらい。途中まで街路樹が太陽の光を和らげてくれます。
 
image
 
信号を右折して城山通りを直進。
 
image
 
さくら井の店頭に到着したのが、開店50分前。まだ、早そうだったので、飲み物を購入して、近くの公園で一休み。あっという間に、蚊に喰われてしまいました。😵
 
image
 
image
 
公園で一休みした後、さくら井の店頭が見える日陰で待機。途中でこんなお店を発見。後で調べたら、吉田類さんも紹介している老舗の居酒屋🏮でした。ここも飲みに行きたいですね。
開店26分前に3人が並んだので、4番目に接続。
 
image
 
定刻五分前に開店。
券売機で、冷やし煮干しらぁ麺+ビールチャーシュー(ハーフ)のチケットを購入し、カウンター席に着席。店員さんにチケットを渡します。店主さんと男性店員さんの2名体制。
 
程なくビールが到着。スーパードライ🍻
 
image
 
一口飲んだところでつまみの半チャーシューが到着。
器が熱いのでお気をつけくださいのアナウンス。
触るとアチッ(⌒-⌒; )

image
 
鶏肉、豚肉の低温調理のチャーシューがアツアツの器で暖められて、温かくなっており、脂が溶け出していますよ。サイドには柚子胡椒。豚肉も鶏肉も柔らかく旨味が溢れるチャーシューです。柚子胡椒のピリッとしたアクセントもGOOD。(((o(*゚▽゚*)o))) これでずっと飲んでいたい気分になります
 
imageimage
 
チャーシューをつまみながらビールを飲んで飲み終えた頃に着丼です。ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪
 
冷されたガラスの器に盛りつけられたセメント色の煮干清湯スープの色がいいですね。蓮華も透明というのが涼しげですね。(人´∀`*).。:*+゜゜+*:.。.*:+☆
 
image
 
セメント色のスープに中細麺、中央の紫玉ねぎが芽出します。それを囲むように鶏チャーシュー、小松菜、鶏そぼろ、フライドオニオンという麺バー。そして出汁氷が入っていますね。
 
image
 
早速スープからいただきます。
 
ずずずぅぅぅぅううう~~ヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!まいぅ~~ラブラブドキドキ音譜
 
思わず「旨い!!」と口に出るほどの超美味なスープに感動。煮干しの旨味が独特で他では味わったことのない美味しさです。特別な材料を使っているのか、出汁の取り方が違うのか、冷やしの煮干しの味わいなんですが、暖かいスープのような旨味の厚みを感じますね。以前、こちらで煮干しの汁そばをいただきましたが、またそれとは印象が違います。煮干しのビター感もあり最後にくる甘みがトドメですね。これはレンゲが止まらなくなりそうです。ワ━(*゚∀゚人゚∀゚*)━ィ♪!
煮干しの汁そばは、煮干しにアゴ、真昆布・椎茸に数種類の節を合わせたスープですが、この冷やし分厚い旨味は昆布、椎茸を使っていそうですね。(▰˘◡˘▰)
 
image
 
image
 
麺は三河屋製麺の全粒粉がたっぷり入った加水高めの中細麺。水で〆られてコキコキする食感がナイスです。何でしょう、スープがネットリまとわりつくそうな感じで持ち上げますね。口の中で咀嚼すると全粒粉の香りが広がり、美味しい麺ですね。
☆-(ノ●´∀)八(∀`●)ノイエーイ
 
imageimage
 
煮干しのスープに鶏そぼろが動物系の旨味をプラス、さらに鶏の出汁氷が解け始め、鶏の旨味がプラスされたスープが、またいいですね。(((o(*゚▽゚*)o)))
 
image
 
さらにフラオニからの油がコクをプラス。紫玉ねぎがそれをリフレッシュ。v(´∀`*v)ピース
 
image
 
鶏チャーシューは厚みのあるものが3個。低温調理の胸肉で、薄い味付けでサクッとした食感がナイス!抜かりがないですね。(●‘∀‘●)ノ"​​​​​​​
 
imageimage
 
麺をいただいた後にお茶漬けセットをいただきます。スープをたっぷり注ぎ込み頂きます。
 
image
 
暖かいご飯の温度でスープの煮干し感がアップし、海苔の磯感も良くサラサラといただいちゃいました。゚+.o.+゚ルン♪ヾ(●’∀’●)ノ♪ルン゚+.o.+゚
 
image
 
煮干しの旨味が半端ない冷やしで、満足感を高める様々な工夫がドンピシャで響いた一杯でした。駅からも離れていますが、行列が絶えず、帰る頃には外待ち17~8人でしたね。 また、涼しくなったら汁そばをいただきに訪問したいですね。
ご馳走様でした。ヾ(@^▽^@)ノ​​​​​​​