現役店長[福島雄一郎]の実話に基づいた職場のエピソード

【福島雄一郎 公式サイト】
ビジネス書『ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」』の著者で、現在もドコモショップで勤める現役の店長です。このブログでは、これまで私が経験してきた“職場の体験談”を紹介しながら「働く意味」を発見していくエピソード集です。


テーマ:

ホウレンソウは腐る



「情報は腐る」というエピソードで、もう一つ大切なことを教わりました。



それは、報告・連絡・相談がなぜ大切か?についてです。





ビジネス用語では、報告連絡相談


それぞれの頭文字をとって「ホウ・レン・ソウ」と言います。




失敗の多かった私は、内土井店長(仮名)の怒りから逃れようと・・


その日も必死になって、失敗の言い訳を考えていました。。



 ヽ(;´Д`)ノ






すると!店長部屋から、もの凄い勢いで、内土井店長が迫ってきました!




「あんたね!今朝、なにやった!?」





「え?機種変更ですけど・・」

わたしは敢えて、とぼけて見ました。。






「いま、お客様から電話があったよ!充電器が入ってなかったって!!」





「あんた気づいてたの?気づいてなかったの??」





あまりの迫力に・・私は、嘘がつけず・・・

「すみません、気づいていました。」と答えた。






「バカ!なんで早くそれを言わない!!」




「お客様、出張でこちらに来られていて、もう新幹線に乗る前なのよ!」




「早く言わないから!!もう手遅れよ!」



「あんたのホウレンソウは腐ってるわ!」




 (T▽T;)





----------------------

社内情報の伝達も迅速に

----------------------

お客様への告知だけでなく、社内情報も同じように腐ります。



基本的に社内情報は、上司から順番に降りてきます。



上司は、会議などで確定した情報をいかに早く

現場まで下ろすかのスピードが大切になります。


せっかく知り得た情報も、そのタイミングで活かさなければ、

まったく使えない情報になることもあるからです。


逆に、お客様の情報は、現場から順番に上司へ伝わっていきます。



仕事でトラブルが起きたときも、現状をいかに早く把握し、

初期段階で適切な処置がとれたかどうかが、その後の解決に大きく関係してきます。



「どうして、それを早く言わない!」


この言葉がでると手遅れです・・。


上司も部下も「情報は腐る」をつねに意識して、

報告・連絡・相談を心がけねばなりません。



<詳細はこちら>
ぼくが教えてもらった「仕事で大切なこと」


ご訪問ありがとうございます。

↓クリック

ブログランキングに投票して

頂ければ嬉しいです(-^□^-)

------------------------




AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

現役ドコモショップ店長 福島雄一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。