ついに青枯れ病に勝った予感! | 自然派で行こう♪

自然派で行こう♪

自然な農法での安全な米・野菜作りをしています。
釣りと料理と自家製素材を使った味噌作りもしています。

自然派で行こう♪

7月も半ばを過ぎましたが、青枯れ病が発症していません!

いつもなら7月中旬には発症しています。

昨年は7月15日3年前は7月8日4年前は6月25日でした。

青枯れ病は気温が上がり、土壌水分が多いときに発症し、

大雨で畑が池のようになると一気に蔓延します。

今年はいくつかの対策をとっています。

ひとつは永田農法の様に根を切って浅く植える方法、

それを皿の上に植え付ける方法。

もうひとつはポリマルチをしない方法。

そして元肥を入れずに肥料は上から振る方法。

植え付けと施肥に関しては根をしたに伸ばさない為です。

あとは、コンパニオンプランツのホーリーバジルで日陰を作り、

地温を必要以上にあげない方法。

どの対策も少々問題点がありますが、青枯れ病で枯れるよりはマシです。


▼その問題とは・・・
自然派で行こう♪


一段目のトマトはすっかりホーリーバジルの葉の中に埋もれてしまい、良い実が出来ません。

施肥に関してはボカシ肥ではなく液肥をあげる方が良さそうです。

根の張っている深さが浅いので雨が降ると肥当たりで成長点が萎れてしまいました。

でも、脇芽を伸ばして復活中です。

このまま青枯れ病にならなければ来年は今年の栽培の欠点をさらに改善したいと思います。

mokiさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス