第45回きょうだいの集い大感謝祭!& 生きる目的 | ケアラーアクションネットワーク (CAN)

ケアラーアクションネットワーク (CAN)

家族介護者(ケアラー・きょうだい・きょうだい児)のケアや介護に関する情報や日々の出来事を発信しています

2017年12月02日、第45回きょうだいの集い 

大感謝祭を開催しました!!

 

CAN代表の、講演会では

 

「自分のために生きる」をテーマにして

 

生きづらさとは何か、

それを解消するにはどうしたらいいのか

 

というお話をさせていただきました


そして、今年一年の皆さまへの感謝の思いを込めて・・・

プチパーティー!!!!!!!!

バゲットには、生ハムとチーズ!!!王道です。

右から、サルサソース、アボカドディップ、ずんだジャム!!!



女子は、まずはインスタ映えする写真撮影。
男子は、それを静かに見守ってくれていました・・・

 

既に右下に映りこんでいるのは、お新香と・・・

 

 

 

どうしても食べたかった「こいなりさん」

 

北海道からは、ロイズチョコ!!

愛知からは、あさりせんべい!!!

 

 

はい、みんなでバゲットサンドを作りながら、モグモグ・・・

 



はーい、意見交換をしまーすなんて言いましたが、

予想通り、みんなでゆる~く話したり、お隣同士で話したり、



今回みんなで話したこと

それは・・・

生ハムとチーズ最高!!!!!!!

って笑顔いっぱいで、とっても温かい雰囲気の中で、



先輩きょうだいさんたちから

結婚のこと、出産のこと、子育ての経験談をシェアしてもらったり

福祉業界と経済活動(ビジネス界)をつなぐ仕事を目指したい

という若手の夢や希望について語り合いました。

いつもと違っていたのは

いままで自分の感情を抑えて来たから

自分が何を目的にして生きていけばいいのかが分からない


という本音トークをしたこと

来年から、CANは、この気持ちに応えていきたいと思います

きょうだいの集いで、

自分がいままで積み重ねて来た感情を知り

なかなか言葉に出来なかった思いを言語化して

気持を整理したら

ようやく、自分と家族と社会を区別することができます

そして、次に出てくるのは

じゃ、いったい自分は何をしたいんだろう

という疑問

それは、自分と向き合う第二ステージに入ってきた証拠

 

自分を主役にした人生を歩むための

 

扉を開き始めたサイン

 

答えは、自分の中にあります

それを引き出し、言語化し、見える化していく

そんなお手伝いを

CANは、これからやっていきたい

来年に向けての課題が明確になり、

今回参加してくれたみなさんだけでなく、
きょうだいの集いに通ってくれているリピーターさんをはじめ、
初めて参加してくれるきょうだいさんみんなから

温かい愛情をいただきながら

CANは少しずつ成長していくことができている

それは、皆さんがいるからこそできること

 

本当に、みんな、ありがとう!!!!!!!!

 

愛と感謝と希望があれば

どんな逆境に身をおいていても

必ず光を放つことができるのです!!!!!!!