こんにちわ、もちこですにっこり


もう5月ですね。
新しい会社に転職したり、新卒の方々はGWで張り詰めた緊張感から解き放たれている時期かも。


私は友達と女子会をしてきまして、もう全員アラサーなので【女子会】というより【若干スレたOLの会】と言った方が正しいかも。

 

 

スレたアラサーだけあって話題も話題で、

「ブラック企業に勤めちゃった場合、すぐ転職すべきかどうか」

なんて内容でした。笑


あなたはどう思います?


ブラックだと気付いた時点で、勤務初日だろうが1カ月目だろうが辞めるべきでしょうか。
それとも、【どんな場所でも3年は勤めろ】 という世間でよくある教えを守るべきでしょうか。


女子会をしてた3人のうち、私ともう1人の子はブラックに勤めた経験があります。

2人は共通して【ブラックだと気付いた時点で次の就職先を見つけて、見つけた瞬間に辞めるべし】派でしたが、もう1人いた子、ここでは仮にA美としておきましょう、A美の考え方が面白かったんですよ。


実はA美は人事に関わる仕事をしていまして、
人事担当から見たブラック企業に勤めることついて、色々教えてくれました。

もし会社のことで悩める社会人がいたら、彼女の意見も参考になるかも。




まずは大前提として、人事側からすると、履歴書の綺麗さやスキルなどの能力を重視しているのだそうです。

ここが充実していると企業は嬉しいし、モテる社会人になれるのだとか。

そのうえで、ブラック企業に勤めることは全くオススメしていませんでした。

なぜかというと…

  • ストレスからの体調不良とか精神的なトラウマで、その後の社会人生活を送るうえで不利になる
     
  • 伸ばせる能力が伸ばせないままになってしまいがち
     

だからできるだけ早く辞めた方がいいのは当然。

でも、そもそもでブラックに勤めないことがすごく大事、と言っていました。

何故なら、

  • 就職活動はただでさえ体力を使うのに、ブラックにいるとどんどん就職活動をする気力や体力が吸い取られる。
    →結果無駄に長居してしまう。

     
  • そこにしかいられない能力しか身につかない。
    →スキルが成長できないから自信が持てなくて、結局その会社に長居してしまう。

     
  • 履歴書が汚れるから再就職に不利。


こんなデメリットがあるので、最初にその会社がブラックかどうかを見極めることが、とにかく大事なのだそう。



じゃあブラック企業に勤めないためにどうするのかという話ですよね。

その方法はたった一つだけ。
就職を検討している会社を調べ尽くします。

A美が言う【就活する時は絶対調べとけポイント】 を紹介しますよ。



■評判チェック

  • 会社の離職率をチェック
    →会社四季報に載ってるので見てみると◎。
     
  • できるだけ実際に勤めた人の意見を探す
    →意外とネット上に色々落ちてるので要チェック。
     
  • その会社が提供するサービスを使った人の意見を探す
    【サービス名(or 商品名) 評判(or 口コミ)】 とかで検索すると良いみたい。
     
  • TwitterのようなSNSでも社名で検索


最初はネットで会社の評判チェックが基本。


できるだけ信頼できるところで探すのがベターだそうですが、どんなものでも一応見ておくと良いようです。

特にその会社の提供するサービスを使った人の意見は貴重。

電話番号で検索することもあるのだそう。(市外局番からの電話番号で検索すると、その会社から電話を受けた人の評判が見られたり見られなかったりする)


■実際の社内の人間をチェック

  • 会社の公式SNSのチェック
    【明るく前向きでリアリティがなく気味の悪い投稿が多い場合は怪しい】とのこと。笑
     
  • 社長は会社概要に名前があるためFacebookやTwitterで検索(学歴・職務経歴・普段の投稿チェック)


SNSは面白いですが、非常に怖い側面もあって、意外と色んな情報が読み取れたりするものです。

関係ありませんが、私は前に勤めてた会社の社長が学生時代やってたSNSを発見して、しかもその内容が女性関係でドロドロのエグ過ぎる内容で、「明日からどんな顔で会えばいいの…真顔と思ったことがあります。笑





■募集要項の内容チェック

  • 大量募集をかけていないかどうか

    →大手で大量募集をかけている場合、大量に採用して数カ月で大量に辞めていく前提の、魔界のような職場である可能性が高い。
    相当メンタルがタフじゃないと続かないので、残っている人たちも癖のある人が多く、人間関係が魔界すぎて胃が痛くなったりするのだとか。
     
  • 仕事や事業内容で具体的な表現をしているかどうか。

    →何をしているのかイマイチ分からない書き方で募集をかけている場合、本当の仕事内容を隠している魔界である場合があるのだそう。
    要は、【具体的な内容を書いていない会社】は【具体的な内容を書けない魔界】の可能性がある、ということ。
     
  • どのサイトを見ても求人が掲載されている(いつ見ても求人が掲載されている)

    →離職率が高すぎて人不足の会社なのかも。ちょい魔界の可能性の含む危険サイン。
     
  • 会社説明や仕事内容の説明で【やりがい、夢の実現、アットホーム、仲間、感動】等など聞こえは良いけど具体性のない言葉をよく使う。

    →【労働環境の劣悪さ】【コンプラの甘さ】や【横行するパワハラ/セクハラ】を精神論と根性論で美化している魔界の場合がある。
    また、ぼんやりしたメリットを挙げている場合は遠回しに「言うことがない魔界」と言っているケースも。

 

注意したいのが、条件に当てはまる会社が全てブラックとは限りませんし、中にはたくさん良い会社もあるはず。(たぶんですよ、たぶん)


ただ、ブラックがブラックであることを隠すうえでよく使う手段、ということらしいので、覚えておいて損はなさそう。



そしてA美のワンポイントアドバイスで、
【そもそも会社の評判すら出てこない小さい会社は、面接でめちゃくちゃよく観察するべし】とのことです。

弱者に理解があるようなことを言う
妙に強引
不愛想過ぎる
威圧的
会話がかみ合わない
就業を急かす、等など


こういう少しでも引っかかる不審なところを見つけたら、優先順位を下げるか、候補から除外した方が良いのだそうですよ。

ちなみに、既に令和の世だというのに圧迫面接を行う会社も真っ先に除外。
現代でもたまにそういう化石みたいな会社も存在するらしいです。口裂け女とか人面犬並の都市伝説だと思ってた…。





また、既にブラックで長く働いている場合、やる気や気力を吸い取られて魔界の住人になりかけている可能性が高いので、

 

少しでいいので何か他の企業に対して自分を売り込めるスキルや資格・経験を個人的に積んでおくことがオススメだそう。


企業も実績やスキルが分かりやすく示してもらえると前向きに検討しやすいですし、就職後も積極的にスキルを磨いてくれる人を採用したいわけですから。


「私を採用してください。私だったら、こんなものを御社に提供できますにっこり

という風に、会社に差し出せるものを用意するイメージですね。





私が覚えている限り、ざっとこんな感じでしょうか。


私も以前、ブラック企業に3年くらい勤めました。

今はもう特に何も思いませんが、パワハラやセクハラがあまりにも多くて、圧倒的なトラウマは植え付けられたと思っています。

驚くのは、当時はそれが【普通】になってしまってたことなんですよ…。

そんな場所に自分を置いた結果、色んな価値観が壊されたり、捨てるきっかけになりました。もちろん、すごく悪い意味ですにっこり
 

 

ただ、失ったものをあーだこーだ言っても仕方ないので、今は新しい価値観を楽しんでいますよ。

もっと早めにA美のアドバイス聞いてれば良かった…と思いますが、今だからこそ分かることもあるので、まぁ良いです。笑


今回の話が、少しでも悩める社会人の役に立つことを願っています。


では、今日はこの辺で失礼します。
最後まで読んでくださって有難うございます! また今度。
 

 

 

イエローハートよく読んでもらえていますイエローハート

 

上差し

会社やお金から自由になりたいなら始めるべき3つの習慣

 

キラキラ

モノグサOLでも株を続けられてきた、たった一つのコツ

 

キョロキョロ日本株やってるなんてダサい!とマウントとられた話

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12698141255.htm


¥私が株を始めるまでのお話↓

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12662617127.html

 

 

ランキングに参加しています! ブログが面白かったらぽちっとお願いします😘

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村