初心者でもわかる!パラボリックの具体的な使い方・見方を分かりやすく解説

 

パラボリックとは株取引やFXで使うテクニカル指標の1つです。
トレンドの強さ・トレンドの転換を分かりやすく教えてくれますよ。

下の画像をご覧ください。株価の上下にくっついている点線がパラボリックです。


パラボリック
引用:SBI証券

 

この点線がちょうど放物線を描くように動くので、パラボリック(放物線)と呼ばれるわけです。


RSI・DMI・ピポット等を作った米国のJ・W・ワイルダーさんによって作られました。

トレンド系テクニカル指標の中では少しマイナーかもしれませんが、分かりやすくて見やすいうえ、非常に便利です。

 

特に手じまいするタイミングで迷いやすい人には良い目安になってくれるかもしれません。



また、いわゆるドテン売買をするうえで便利だとされています。
※ドテン(途転)・・・買いのポジションで決済して、すぐに売りのポジションに変えるなど、真逆のポジションで売買すること。


難しいことは書いていないので、

「分かりにくい説明にはうんざりだ!泣」

という方も、ぜひ肩の力を抜いてご覧ください。

 

 

 

パラボリックとは何か

ではさっそく、パラボリックの見方を説明しますよ。

 


この画像で株価の上下にある点線、
SAR(Stop And Reverse Point)と呼ばれるものを基準にトレンドを判断します。


まずはトレンドの見方として↓の2点が基本です。

  • SARより上に株価が推移している=上昇トレンド
  • SARより下で株価が推移している=下降トレンド


パラボリックでは、チャートは常に

【上昇トレンドか下降トレンドのどちらかの状態】

であると考えられているんです。

↑の画像で確認してもらえるとわかると思いますが、

SARがチャートに触れた瞬間がトレンド転換となり、

上昇トレンドと下降トレンドが入れ替わります。


実際の売買で使う場合は、あくまで一例ですが


「パラボリックでトレンドが転換しそうになってきたから、そろそろ手じまいの準備しちゃおウインク

 

という風な目安に使えるわけです。

 

トレンドが発生している時は便利ですが、ボックス相場になっている時は使いにくいので注意ですよ。

 

 

 

パラボリックがもっと分かる!計算式の確認

では次にパラボリックの仕組みを知るために、計算式から確認してみましょう。
大丈夫です、難しくないのでゆっくりいきます。

パラボリックの計算式はこんな内容ですよ。

SAR= 前日のSAR + AF × (EP - 前日のSAR)

何のことかさっぱりわかりませんし、難しそうに見えますが大丈夫。ゆっくり分解していきましょう。

 

 

EP(Extreme Point)とは

上昇トレンド中なら上昇トレンドの中で一番高い値のこと。
下降トレンド中なら下降トレンドの中で一番安い値のこと。
極限値とも呼ばれています。

 

 

AF(Acceleration Factor)とは

時間が経つごとに、SARが株価に追いつけるように設定されている値で、0.02から始まり0.2まで増えます。


0.02が初期値で、トレンドの継続と一緒に増えて、トレンドが変わった瞬間に初期値の0.02に戻ります。(自分でカスタマイズすることも可能ですよ)
 

トレンド発生中に新高値・新安値を更新すると、AFが0.02ずつ増えて、最大で0.2まで増えます。

つまり、
上昇トレンドの場合は高値を更新するたびに、
下降トレンドの場合は安値を更新するたびに、
0.02→0.04→0.06→0.08→0.10→0.12・・・0.2と増えて、0.2以降はずっと0.2のままです。

加速因子とも呼ばれています。

 

 

ものすごくシンプルに考えると

「加速因子…AF…EP…うっ頭が…ゲッソリ
 

となっている方も多いことでしょう。私もなっています。

何だか難しく思えるのでシンプルに考えてみましょう。

 

 

ものすごく端折って言うと、
パラボリックは上昇トレンドの中の一番高かった株価、
または下降トレンドの中で一番高かった株価に毎日0.2ずつ増えた位置に点を打っている、

と考えてみてください。

そうすると、トレンドが続く限り、パラボリックも一緒に動いていくことが理解できてきますよね。


大体ですがこんな理屈でパラボリックというのは推移しているわけです。

 

 

パラボリックがトレンド転換・手仕舞いを示す仕組み

パラボリックがどう動くのか? の仕組みを理解できると、パラボリックがなぜトレンド転換を示すものかも分かってきますよ。

たとえば、パラボリックが上昇トレンドの場合で考えてみましょう。

上昇トレンドの中で毎日毎日高値を更新しているとしたら、パラボリックと株価の差が大きく開くことになります。

パラボリックと株価の間隔

でも、上昇トレンドが続いてはいるものの、高値を更新していない状況、
つまり株価が横ばいか下降を始めた場合、上昇してくるパラボリックとの間にある感覚が狭くなってきます。

すると、どうなるでしょうか。

 

パラボリックのトレンド転換


そうなんです。


いずれ株価とパラボリックがぶつかり、トレンド転換を示すというわけです。


株価が高値を目指さなくなった、ということは、

それだけ上昇トレンドの力が弱まってきた

と考えられますよね。


徐々にその力が弱まって、ついにトレンドが変わるという瞬間をパラボリックは教えてくれているわけです。

 

 

ボックス相場でのパラボリック

最初に、パラボリックはトレンド系のテクニカル指標だと言いましたよね。
ではパラボリックがボックス相場でどんな状態になるのか確認してみましょう。

 

引用:SBI証券


ボックス相場(またはもみ合い)の時は、パラボリックが上昇に変わったり、下降に変わったりと忙しくなっていますね。

それもそのはずで、パラボリックには上昇するか下降するかしかないので、細かい上下を捉えて方向感の無い動きになってしまいます。

このため、トレンドの発生中は頼もしいですが、ボックス相場の中で使うのは難しいわけです。



ボックス相場でも無理矢理使おうと思えば使えそうに見えなくもないですが、

方向感を無理に探るよりも、最初からボックス相場に強いオシレーター系のテクニカル指標を使った方が良さそうです。

 

 

ドテン売買とパラボリック

さて、冒頭でパラボリックの説明をした時に、


「ドテン売買をするうえで便利」
 

と説明しましたが、ドテン売買についても少し触れておきます。

ドテンとは冒頭でも少し説明していますが、

それまで持っていたポジションを解消して、真逆のポジションを持つことを言います。


例えば
買いポジションを持っていたとしたら、今持っているそれは売ってしまって、新たに売りポジションを持つこと。
逆に、売りポジションを解消して、新たに買いポジションを持つことです。


なるほど確かに、トレンドの転換を分かりやすく示すパラボリックとは相性の良さそうなやり方に見えますよね。

 

でも、実際にやってみるとそこまで上手くは行かないようです。

どんな銘柄でも良いですが、過去のチャートにパラボリックを表示させてエア取引してみてください。
多分すぐに気付くと思いますが、そんなに上手くはいきません。



そもそもですが、ドテンは初心者さんにはあまりおすすめできない方法です。



例えば上昇トレンドが終わったあと、そのまま山を描くようにすぐに下降トレンドが始まるなら、ドテンは非常に良いやり方ですよね。

でも、実際の相場では
トレンドが終わったあとに横ばいのまま動かなくなったり、
トレンド終わったように見せかけてトレンドが全く終わっていなかった、
などなど、


「投資家の予想を裏切ることが趣味なの?真顔

という動きをしてきます。


要は、【トレンドの終わり=真逆のトレンド発生】ではないんですよ。
だから難しいのでしょうね。

どんなに上級者でも
【上下の往復で利益を出そうとして往復ビンタされた】
ということが起きているので、初心者さんは決して無茶な取引をしないよう気を付けてください。

 

 

トレンドの終わりはいつ?と不安なとき

自分の買った銘柄が下降トレンドに変わってしまったときは、不安で仕方ないものです。


含み損を抱えて、

「マイナスになっちゃったけど、いつかはトレンド転換する?持ちつづけて大丈夫?チーン


「このままじゃ含み損膨らんでいくから早く転換して~!滝汗

という状況、あるあるですよね…。

でも、パラボリックが教えるのは、あくまでトレンド転換の目安
テクニカル分析もネットの銘柄分析も、科書的な教えや目安しか書いていないものです。



でも、本当に不安なときに知りたいのはそれじゃなくて

「今、私のこの状況で持っているこの銘柄をどうしたらいいの?」

という部分で具体的なアドバイスが知りたいわけです。

どうしたら良いのか分からず不安になってしまったとき、

一人で悩まずに株の上級者に相談すると解決することがありますよ。
 

普段の生活や仕事の中で困った時に頼りになるのは自分より経験豊富な先輩だったりしますが、それは株の世界でも同じのようです。

いわゆるアナリストと呼ばれる株のプロが無料で相談にのってくれるサービスがあるので、
私は不安で仕方ないときはそれを利用しています。

【PR】

もし今「どうしたらいいのか分からないし不安でたまらない」ということがあったら相談してみると良いです。

 

 

 

パラボリックはトレンド転換の目安として非常に便利

パラボリックはあくまでトレンド転換の一つの目安として参考にする方が良さそうです。

具体的には、

  • 「そろそろ株価とパラボリック触っちゃいそう…。そろそろ手仕舞いしようか?真顔
     
  • 「まだ株価とパラボリックの感覚が広いから、もう少し保有し続けてみてもいいかも?ウインク

という感じですね。



また、テクニカル分析の基本ですが
【一つの指標だけに頼らず、様々な指標も組み合わせて判断すべし】
というのも忘れずに。

トレンドの強さやトレンドの転換しやすいラインを示す移動平均線、
様々な視点から現在のトレンドを分析できる一目均衡表など

 

 


他のトレンド系の指標と一緒に使ってみると良いですよ。


万能なテクニカル指標というのは無いので、一つだけのテクニカル指標で取引するのは非常に危険です。

テクニカル分析は全てに共通して、お腹をぽりぽりしながら株の妖精さんが

ニヒヒ今までこうなってたから、今度はこうなるんじゃないの? 知らんけど。

と言っている程度の信ぴょう性です。(ひどい例え)

 


だからこそ、先程もできてましたがトレンド系なら移動平均線さんや一目均衡表さんなど、

できるだけ多くの指標から話を聞いてみて、少しでも精度を上げるという感じです。

出来る限り様々な指標で分析をして、

「もうこれ以上は何も考えられないよ!」

というところまで考えてから取引するのがおすすめです。


あなたの株取引が素晴らしいものになるように、心から願っています。
では、今回はこのへんで失礼します。また今度。

 

 

 

イエローハートよく読んでもらえていますイエローハート

 

ニヤリ相場をズルく生き残るとっておきの小ワザ


ラブ思わずうっとりした利益

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12666293533.html


ガーン「もうやだ…」死ぬほどへこんだ一週間を乗り越えた方法

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12681469450.html


¥私が株を始めるまでのお話↓

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12662617127.html

 

グッ今まで最高の結果になったお金の使い方の話↓

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12676068056.html


ガーンこんなお金の使い方は無駄になったのでおすすめできませんよ! という話↓

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12674821070.html

 

 

 

ランキングに参加しています! ブログが面白かったらぽちっとお願いします😘

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村