株ってどんな人たちが取引してるのか知ってますか?

 

いわゆる【投資家】と呼ばれる個人が取引の中心かと思うかもしれませんが、実は大きなお金を持った会社が中心に取引しているんです。

 

それが今回紹介する機関投資家と呼ばれる人たち。

 

私は最初、個人が中心に取引しているのかと思っていましたが、違うんですね。 

私も株をはじめて数週間くらいの時に、株の師匠から

「株取引している個人投資家は、実は全体数から見ると極々少数なんだよ」

ということを教わりました。

今回は

【機関投資家と呼ばれる人たちが何者で、彼らが何をしているのか】

ということをわかりやすく簡単に説明してみますよ。

 

分かりやすく書いているので、肩の力を抜いてゆったりとご覧ください。

 

機関投資家とは何?

まず最初に、機関投資家というのは

【株取引を行っている会社の機関・組織のこと】です。

具体的に言うと、

  • 保険会社
  • 銀行
  • 政府機関証券会社

などなど、大量の資金を使って投資をしている人たちのことです。
ヘッジファンドや投資信託(ざっくりいうと個人からお金を集めて、個人の代わりに投資をしてくれる人たちのこと)も含まれています。

私はそもそもでここから理解できなかったんですが、

保険会社とか銀行って、自社の資産を運用するために株取引を行っているらしいんです。驚きですよねポーン

 
機関投資家の中でも特に大量の資金を持っている機関投資家の代表格が、

「年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)」

と呼ばれる人たちです。

なんと運用する額は130兆円で世界最大!

 

詳しくはこちらの記事でどうぞ。

 

 

 

株式相場での機関投資家の割合

でも、ここで気になってくるのが、

機関投資家ってどのくらいの割合で存在してるの?

ということです。

 

私の予想では個人投資家5の機関投資家5くらいに思っていましたが、あなたはどう予想しますか?


では、実際に日本の株式市場では誰がどのくらい取引しているのか確認してみますよ。
2018年の日本株取引状況を見てみると、かなり意外な結果となっていました。

・海外の機関・個人投資家 5,744,861 49%
・国内の法人 5,196,823 44%
・国内の金融法人 464,868 4%

・国内の個人 369,547 3%

※元にしたのはコチラのデータです。

 


このデータで見ると、日本国内の機関投資家は法人と金融法人ということになるので、
株式市場全体の中で48%もの割合を機関投資家が占めているんです。



そしてなんと、更に驚くことに

一番日本の株式を取引しているのは、海外の機関・個人投資家だったんです。

日本株がダウやナスダックの影響を受けやすいのは、この海外の機関・個人投資家の存在が大きいと言われています。


ダウやナスダックが上がれば景気がいいと判断した海外投資家が日本株を活発に取引しますが、逆に主要指数が下がった場合は売買を控える動きになるためです。

さらに、NY市場が休場になると日本株の取引量が減少しますが、これも海外の投資家が取引をしないためです。

それに対して、国内の個人投資家はたったの3%……本当に少ないです。

うわっ…日本の個人投資家、少なすぎ……?!ゲロー

 

 

機関投資家は何をしているの?

さて、ここでちょっと話を戻します。

国内の機関投資家ですが、海外の機関・個人投資家の次に多く取引を行っているようです。

 

では、国内の株取引において大きな影響力を持つ機関投資家は、一体どのような取引をしているのでしょうか?


機関投資家というのは、繰り返しますが、会社で株取引を行っている人たちのことです。

 

つまり、個人とは比べ物にならないほど多額の資金を運用していますよね。


個人の持っている資金と会社が持っている資金なんですから、資金力の差は明白です。

で、機関投資家はこの資金力と綿密な計算を行う株のプロアルゴリズム取引(AIやコンピュータープログラムによる超高速売買)を武器にして、膨大な量の株取引を日々行っています。

個人投資家は自分の知恵と勇気と小賢しさだけを武器にして取引するので、資金力以上に大きな差が開いています。笑

 

 

海外機関投資家の取引

特に海外の機関投資家は、主に空売り(証券会社等から株を借りて、売りから取引を行う信用取引)を行うことが多いそうです。

 

例えば

  1. 特定の銘柄に空売りを大量に仕掛ける→
  2. 株価が急激に下がる→
  3. 株価が下がったことに焦った個人投資家が慌てて株を手放す→
  4. 更に株価が下がる→
  5. 個人投資家が大体手放し終わったところで、買い戻す→
  6. 多額の利益を得られる。

という手法がよく用いられるそうです。

【個人投資家はこのくらいまで株価が下がれば株を手放すだろう】

という心理を読んだうえで利用するテクニックだそうです。

一見すると個人投資家の敵のようにも見えますよね……。
 

が、この機関投資家の流れに乗って利益を出す個人投資家もいるのだそう。 


例えば、

  • 機関投資家と一緒に空売りを行って、一緒に買い戻すことをして利益を出す。
     
  • 機関投資家が空売りを仕掛けていることに気付いた時点で、よーく監視。
    株価が底をついたと思った時点で買い、機関投資家が買い戻して株価が上昇するタイミングで売ることで利益を出す。

なんてことですね。

 

要は、

機関投資家の動きを読んで同じ動きをするか、

機関投資家の動きを先読みして利用して利益を出すか、

ということですね。

 

こんな風に上手に機関投資家とお付き合いする投資家もいらっしゃるのだそうです。

 

 

 

機関投資家がよく使う手法に【ふるい落とし】というものがあります。

それはこちらで詳しく解説しているので、

「機関投資家の罠にはまりたくない!ゲロー

という方はご覧ください。

 

 

 

機関投資家は大型の銘柄ばかり取引する?

 

機関投資家は大きな額のお金を運用しています。

 

そして、個人投資家のように100株や200株なんて単位では取引せず、数千、数万株を取引しているんです。

 

このことがあるため、

時価総額が低くて取引される枚数が少ない銘柄は、あまり得意ではないんです。

 

何故でしょうか。ちょっと想像してみてください。

 

1日に数千株しか取引きされないような銘柄を機関投資家が取引しようと思うと、思ったような値段で買えないし、仮に運よく買えたとしても売りづらいですよね。

 

だって、一日に数千株しか取引きがされていないんです。

 

機関投資家からすると数千、数万株を取引きしたいのに、

そんな規模で売りに出す人も少ないし、買ってくれる人も少ないんですよ。

 

 

このため、機関投資家の主戦場は時価総額が大きくて株式をたくさん流通させている会社ばかりの東証1部です。

 

逆に、あまり取引しないのはマザーズのような時価総額の低い会社が多い新興市場。

もちろん、マザーズにもいるにはいますが、やはり主戦場は東証1部です。

 

機関投資家を嫌がってマザーズの銘柄ばかり取引する個人投資家もいますよ。

ただ、マザーズはマザーズで取引の難しい銘柄も多いので、メリットとデメリットがそれぞれにあります。

 

 

 

各市場の詳しい解説はこちらでしています。

 

 

あなたはどんな取引をしたいでしょうか?

それによって市場を選んでみるのも良いですよ。

 

 

機関投資家の存在はいつも忘れずに!

では、最後にまとめてみますよ。

 

  • 機関投資家は会社等の組織・機関で会社の資産を株で運用している人たちのこと。
     
  • 株のプロが集められ、さらにアルゴリズム取引というAIを使った高速取引をしている。
     
  • 機関投資家は東証1部にいるような、大型で流通数の多い銘柄が得意。

個人投資家が株取引をするとき、多くの場合、機関投資家とお付き合いすることになります。

 

彼らが何をしようとしていて、どういう手段を使っているのか、それをよく考えてみてくださいね。

 

お付き合いの仕方によって敵にも味方にもなりますが、

何はともあれ相場を大きく動かす存在であることだけは間違いありません。

 

 

「機関投資家? 何それ怖い…チーン

 

そう思った方も多いかもしれません。

私もそう思ってました。

 

私よりはるかに経験も知識もある人たちが、AIまで使ってこっちのお金を搾り取ろうとしてくるなんて…!

と思うと恐怖でしかないですよね。笑

 

 

でも、これだけ。覚えておいてください。

 

最初は基本をしっかり押さえて、慎重に、大きな賭けに出るような取引はせず、冷静にやってみましょう。

 

それから…

銘柄と地合いはよく見極めることも大事です。

 

 

私は銘柄選びがとにかく下手でしたが(何なら今も下手です…)、今は株の上手い人の選んだ銘柄を参考にしつつ、何とかここまで続けられています。

 

機関投資家の存在は非常に大きいですし、彼らのやり方を知っておくことはすごく大事です。

でも、それ以前に良い銘柄を選んで堅実な取引をすることもすごくすごく大事です。

 

 

まずは良い銘柄を知って、堅実な取引を心がけてみると良いかもしれません。

私はいつも無料のメルマガで上手い人の選んだ銘柄も参考にしていますよ。

 

【PR】新生ジャパン投資の無料メルマガ(毎日1銘柄無料で送られてきます)

※メールが1日数件送られてくるので、普段見てる重要なメールと混ざりたくない人はフリーメールのアドレス(yahooメールやGメール)のアドレスを作って、そこで登録すると情報を見逃さないし混ざらないし良いです。
私は使ってないアドレスがあったので、それで登録しました。
毎朝仕事が始まる前にメルマガ銘柄のチェックして、トレードに活用してます。

 

 

 

敵にも味方にも見える機関投資家ですが、結局やっていることは私たちと同じの資産運用です。

できるだけ上手に、一緒に共存していきたいですね。



では、今回はこのへんで失礼します! また今度。

 

 

 

 

イエローハートよく読んでもらえていますイエローハート

 

キョロキョロ日本株やってるなんてダサい!とマウントとられた話

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12698141255.html

 

ニヤリ驚くほど株に向いていないと言われた時の話


ラブ思わずうっとりした利益

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12666293533.html


ガーン「もうやだ…」死ぬほどへこんだ一週間を乗り越えた方法

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12681469450.html


¥私が株を始めるまでのお話↓

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12662617127.html

 

グッ今まで最高の結果になったお金の使い方の話↓

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12676068056.html


ガーンこんなお金の使い方は無駄になったのでおすすめできませんよ! という話↓

https://ameblo.jp/mochikoooon-kabu/entry-12674821070.html

 

 

 

ランキングに参加しています! ブログが面白かったらぽちっとお願いします😘

コサックもちこ

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へ

「このブログの読者になってやるぜ仕方ないな」という男気溢れる方はこちらをぽちっと。↓

株初心者もちこのゆるゆる株日記 - にほんブログ村