もう先月ですが、じんさんのライブに、初めて行ってきました。


初めての、実物のじんさん。
最初の歌は、「がんばったね」

じわじわしていたんだけど、
二番の、
「気づかなくてごめんねと謝ってほしかった
ただわかってほしかった」
を、歌声で聴いた時 だーーっ(T-T)となった。

この時は、これは 父や母 家族への気持ちだと思ってた。
謝ってよ、わかってよ。そういう怒りを度々感じるから。


mamaマス6日目で、葛藤の統合というワークをした。
私は、「怒り」を手のひらに乗せて、聞いてみた。
そしたら、「だってわかってくれないんだもん!」という言葉がぱっと浮かんだ。

そう、わかって欲しいと思ってるもんね私、と思ってた。


先日、師匠とも花ちゃんのブログで、怒る自分を
おかえりする、というのを読んで。

「わかってほしい」の相手は、父母や周りの人、ではなかった、とはっとした。
「自分」だったんだ。


「気づかなくてごめんねと謝ってほしかった」のは、
「ただわかってほしかった」のは、
私だったんだ。

「だってわかってくれないんだもん!」と思う相手は、私だったんだ。

ごめんねー ごめんねー…(T-T)

こんな私で、いいよー 大好きだよ
ちょっとずつでも、仲直りしよう。





物販に引き返してgetした本。

ハイタッチをしてもらえたのだけど、
緊張して何も言えず…
でも、「ハイ次の人!」っていうんでなく、
こっちが何かしゃべりたいかな?と、笑顔で待ってくれてるお顔だった、じんさん。
優しさを感じました(T-T)