関西馬続きます

馬


おうちツアー動画がアップされていたので、これ以降は最新動画の動きと測尺をもとに書いています。


51.グリューネワルトの20(モーリス×スペシャルウィーク)
池添厩舎・3月17日生まれ・一口100,000円
厩舎で切り。半姉にディアンドルがいますが、モーリス産駒にこの値段は出せません。馬体も私の目にはバランス悪くうつりました。

中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 リストになし(申し込み250以下)


52.サルタートの20(モーリス×ゴールドアリュール)
武幸四郎厩舎・3月28日生まれ・一口40,000円
初子でサイズが小さく、ダート血統の牝馬、さらにモーリス産駒はダート苦手と買いにくい要素だらけです。動きも少し硬い。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 リストになし(申し込み250以下)


53.シャンブルドットの20(キズナ×ロペデヴェガ)
中内田厩舎・4月10日生まれ・一口56,000円
こちらも初子牝馬、遅生まれながら厩舎でそれなりに人気しそう。まだ小柄ですが、筋肉はしっかり。キズナ産駒は中々クラブでの募集も少ないし、牡馬なら欲しかったですね(人気も跳ね上がるでしょうが)
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 548(157)


54.ヴァフラームの20(ドゥラメンテ×ハービンジャー)
清水厩舎・2月18日生まれ・一口80,000円
初子で牡馬ながら小柄。前足もまっすぐではないように見えます。カタログコメントもどうやって褒めようか苦心している様子。確かに4代母まで遡ればエフフォーリアにも繋がりますが…流石に遠すぎませんかね…。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 リストになし(申し込み250以下)


55.プラウドスペルの20(ドゥラメンテ×プラウドシティズン)
野中厩舎・3月1日生まれ・一口60,000円
この子は馬体よく見えます。繋ぎも立っていないし、膝下も短く故障のリスクは低そう。日本での兄姉は5頭中4頭が勝ち上がりと繁殖成績はいいものの、ダートで走る馬が多いんですよね。コスパ的に切り。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 リストになし(申し込み250以下)


56.アルジャンテの20(ルーラーシップ×キングカメハメハ)
中内田厩舎・2月9日生まれ・一口70,000円
この厩舎の牡馬なら白老産でも人気するでしょね〜。初子ですがサイズは問題なし。トモの綺麗さが目につくも、せかせか歩いていて落ち着きがないのと、立ち繋ぎなところはマイナスかな。カタログによると、比較的短い距離が適正みたいですが、それが気性も相まっての物なら敬遠したいところ。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 437(133)


57.ブレッシングテレサの20(ルーラーシップ×マンハッタンカフェ)
奥村厩舎・2月23日生まれ・一口32,000円
初子牝馬ながらサイズは悪くないです。胴も長く足もすらっとしていて、体型的には長い距離が合うと思います。ただ動画だとかなり前進気勢が強そうなんで、我慢が効くかな…。体を大きく使えているところと、価格はいい。厩舎も、同じくルーラー牝馬で短距離で活躍していたディアンドルを1800mでも重賞を勝たせましたからね。期待してます。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 266(38)



58.ユードントラブミーの20(キンシャサノキセキ×テオフィロ)
安田翔吾厩舎・2月23日生まれ・一口40,000円
かなりの大型馬。貧相な訳ではありませんが、馬格の割には筋肉量は追いついていない印象を受けました。ダート短距離が主戦場になりそうとはいえ、牡馬でこの価格なら全然アリ。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 331(45)




59.ローズウィスパーの20(キンシャサノキセキ×ワークフォース)
池添学厩舎・2月28日生まれ・一口36,000円
厩舎で切り。初子牝馬ですが割引くようなサイズではないです。母は薔薇一族、クロスも結構入ってますが、どうしても父、母父を見ると地味に感じてしまうんですよね。お腹もちょっとボテッとしてるかな。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 266(49)


60.プチノワールの20(キタサンブラック×シングスピール)
杉山厩舎・4月1日生まれ・一口60,000円
デビューした兄姉は7頭中6頭勝ち上がり、うち1頭はG1馬という素晴らしい成績。母高齢なのを差し引いても十分かと。サイズ、馬体、動きどれも悪くないと思います。これで3000万ならお買い得。キタサンの評価が低いんでしょうけど、私はまだ期待してます。
中間人気 申し込み数(うち抽優数)
1回目 394(117)


やっと関西馬半分アセアセ
まだまだ続きます。