陽だまりカフェ-F1000040.jpg
大好きな作品で、宝塚で上演したものを含めれば、観劇回数は30回は上回るかと(^^;;

作品的には時代背景もストーリーも歌もすべてが好き!

あとは…何が違うかと言うと、キャストと演出ですかね~。

東宝ではエリザベートをずっと演じていた一路さんが、結婚、出産で今回は出演されず、宝塚OGの朝海さん、涼風さんのWキャスト。

私が観たのは朝海さんバージョン。
うん、頑張ってるなぁと言う感じ。良かったです。
私にとってのエリザベートは、花ふささんや白城さんのイメージなんです。
だから一路さんも初演の時は今いち感情移入ができなくて。
でも2年目、3年目になると、どんどん良くなってきたから、朝海さんも回数を重ねる毎に出来上がっていくんでしょうね~

涼風さんバージョンも観てみたいけど、残念ながら予定もチケットもありません。

それにしても、やっぱりいいわ~、と観入ると言うか聴き入ってしまったのが、トート役の山口祐一郎さん!!

この方の歌を聴くと、不思議な感覚に包まれるよう。
「役者」と言うより「表現者」って言葉がぴったり。
ただ歌が上手いんじゃなくて、声がねすごく好き。
あの独特の響きに魅了されてしまいます。

さて、今年度の観劇は全て終了。

お金もないし、バレー優先なので、観た作品は少なかったけど。

2008 my best 3は、
「愛と青春の宝塚」
「スカーレットピンパネール」
「エリザベート」
でした(*^_^*)