スマートフォン広告市場はiPhoneとAndroidの2強へ | スマートフォン広告研究会
2011-02-25 17:00:00

スマートフォン広告市場はiPhoneとAndroidの2強へ

テーマ:ブログ
米のスマートフォン広告市場は昨年、ついにiPhoneとAndroidの2強になりそうです。

以下のニュースで紹介されているスマートフォンのOSのシェアを見ると
11月の米国スマートフォン広告市場はiPhoneとAndroid、2強時代へ。iOSとAndroidで76%を占める

$モバイル広告研究所の副所長兼シニアコンサルタント堂本健司のつぶやき-iOSvsAndroid


iOSとAndroidをあわせて76%を占めているのが分かると思います。
そうなってくると米ではiPhone向けとAndroid向けの広告を配信することが、売上アップの近道になりますね。


iPhoneとAndroid OS端末が出てきた時点である程度、予測していましたが、昨年ついにスマートフォンの広告で、Apple VS Googleという図式になりましたね。


また、iPhoneとAndroidどちらに広告を出稿したほうがいいかというのは、今のところはiPhone向けの方がいいらしいですよ。


スマートフォンの広告価値、アンドロイドよりiPhoneユーザーが高い 米社調べ


今後、Android端末が増えてくると、この広告価値も変わってくると思います。
スマートフォン広告をするなら、日本限定だけではなく、世界戦略も視野に入れながら配信したほうがいいんでしょうね。

スマ研所長の堂本健司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。