イギリスの伝統的ソファ「チェスターフィールド」 | モビリグランデstaffブログ

モビリグランデstaffブログ

モビリグランデ池田本店は大阪府は池田市の住宅地にひっそりとオープンしています。
オーダーメイド可能なオリジナルパイン家具、フランス家具、アンティーク家具、その他にも照明、カーテン、雑貨などを数多く取り揃えています。

こんにちは!

モビリグランデ池田店スタッフIです。

 

天気が悪くなったり良くなったり

夏終わりは大変ですね。。

 

でも日が落ちればだいぶ涼しく

なりましたね。

肌寒いくらいですが。。。

 

季節の変わり目は

体調崩しやすいので

皆さんも気を付けましょう‼

 

本日はかっこいい

チェスターフィールドソファ

のご紹介です。

まずチェスターフィールドソファとは何か?

 

イギリス製ソファの王道

チェスターフィールド

 

華奢な感じのする北欧家具に比べて

分厚いフレームにクッションを使った

革張りのものが一般的なイギリス製ソファの構成になります。 

 

このチェスターフィールドソファとは

総革張りの鋲飾り・ボタン留めソファの総称で

イギリス発祥の伝統的なソファです

 

「チェスターフィールド」の名前の由来

そんな伝統的なイギリスのソファ、チェスターフィールドの名前は

イギリスの第6代目フィリップ・チェスターフィールド伯爵

(Philip Chesterfield)

に由来します。

 

世界的名著である

「父から息子への手紙 わが息子よ、君はどう生きるか」

の著者であるフィリップ・チェスターフィールド伯爵は、

 

“英国紳士のシンボル”

 

呼ばれ、ダンディズムの象徴にもなっています。

その正確な由来については

伯爵がこのソファを 

“愛用していたため” 、”考案したため” 

などさまざまな説がありますが

イギリス伝統のスタイルであるチェスターフィールドソファは

世界中で長い間愛されています

 

 

 

レザーのソファは時間が経てば経つ程に

良い味わいが出てくるので

使うじゃなく”育てる”という

表現の方が正しいかも知れません。

 

 

縫い合わせ部には
「ハンドタック」 という
伝統的な製法が用いられています。

このハンドタックという技術は

熟練した職人の技。

革を引っ張りながらタックを取っています。

 

なので

価格の安いチェスターフィールドソファを

よく見てみると

このタックはありません!

縫い合わせのミシン目が
見えてしまっています!
お安いのには理由がある!

 

皆さんもこの「ハンドタック」

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

写真の真鍮キャップもポイント!
足にもこだわりが感じれる一品ですキラキラ

 

座り心地や質感など

気になりましたら

池田本店にございますので

是非一度座りに来てみては

いかがでしょうか?

 

皆様のご来店

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

≪ 池田店の営業時間 ≫

金曜・土曜・日曜・月曜

10時~18時30分

定休日:火曜・第三水曜
 

 

 

 

 

 

 

 大好評 

 オリジナルエコバッグ 

 

  購入できるサイトはこちらから  


 

→ ホームページTOP ←

 

 

 

フェイスブック・インスタグラム

ユーチューブも更新中ですビックリマーク