FIA 家具事業革新連盟の研修会 後篇 | モビリグランデstaffブログ

モビリグランデstaffブログ

モビリグランデ池田本店は大阪府は池田市の住宅地にひっそりとオープンしています。
オーダーメイド可能なオリジナルパイン家具、フランス家具、アンティーク家具、その他にも照明、カーテン、雑貨などを数多く取り揃えています。


テーマ:

皆様こんにちは。

インテリアショップ

「モビリグランデ」 の藤尾です。

 



本日は先日行われた家具事業革新連盟の

 

研修会の時のお話の後篇を。

 

もう少しの間、お付き合いください。

 

 

 

 

昨年の10月にリニューアルオープンを

 

果たした友人のお店の

 

改装前・改装中・改装後の

 

データをもとに問題点を

 

全員で討議いたしました。

 

 

 

 

詳細は書けないのが残念ですが、

 

全員が自分の会社の問題点のように

 

2時間以上に及ぶ辛辣な意見が飛び交い

 

充実した時間を共に共有いたしました。

 

 

 

 

今後は色々な問題点をこの場だけで

 

終わらすのではなく、途中経過を交え

 

 

3か月ごとにチェックをして行きながら

 

会社の方向性が地域の方々の需要に会っているのかを

 

チェックしていき日々の行動に

 

おとしていく。

 

 

いわゆる会社ごとに「需要創造」

 

探求していくことが

 

ここがこの家具事業革新連盟の

 

一番のいいところだと私も参加している

 

メンバーもそう思っています。

 

 

 

 

 

だから、みんなが真剣です。

 

 

 

私も負けてはいられません。

 

 

 

 

 

そのあとは和歌山の優良な温泉に

 

浸かった後親睦会へ。

 

 

 

海の真横にある露天風呂からの景色も抜群。

 

ゆったり、温もることができました

 

 

 

 

 

結果、

 

懇親会の時間だけでは足らず、

 

あとは部屋のみで夜中の3時まで

 

企業経営の話で大盛り上がり。

 

 

皆さん改めて熱男ばかりでした。笑

 

 

 

次の朝、朝食を済ませて

 

せっかくだからと

 

史跡 和歌山城へ。

 

 

 

 

ご存じの方も多いでしょうが、

 

和歌山城は、天正13年 羽柴秀吉が紀州を平定し、

 

弟の秀長に命じて虎伏山の峰に創建したのが和歌山城。

 

 

 

 

この時の普請奉行に藤堂 高虎らが任命され

 

彼が手がけた本格的な近世城郭と言える。

 

 

1600年の関ヶ原の戦いの後、浅野 幸長が領主となり

 

城の大規模な増築を行った。

 

その後、徳川 頼宣が拝領して入国し、

 

御三家紀州藩が成立する。

 

 

 

 

 

 

それから二の丸を拡張するために

 

一部埋立を行い、ほぼ現在の和歌山城の

 

姿となった。

 

紀州徳川家は江戸の末期まで

 

「南海の鎮」として西日本の監視する

 

役割を担っていた。

 

明治4年の廃藩置県で和歌山城は陸軍省の

 

管轄になる。

 

 

 

 

 

 

皆さんいかがでしたでしょうか!
 

 

ほんの少しですが学んできたことを

 

書いてみました。 

 

 

 

とにもかくにも研修と歴史見学と

 

貴重な体験をさせていただきました。

 

 

 

また、和歌山は何度来ても訪れるところが

 

沢山あり

 

シーズンごとに違う顔を見せてくれます。

 

 

癒し・食・史跡を見ても

 

 

何度も訪れたくなる場所の1つだと。

 

 

 

 

 

次回も是非訪れたいと思います。

 

 

 

 

 

 

帰り道にここに寄ってしましました。 笑

 

 

 

 

本日も最後までお読みいただき有難うございました。

 

 

 

引き続きの

 

モビリグランデ インテリアブログを

 

お楽しみに。

 

 

 

 

インテリアショップ
「モビリグランデ」

 

 

 

      

mobilegrandeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス