為替について 朝倉慶氏

テーマ:

久しぶりに為替のお話。

もう半年ぐらいに前になるが、ブログで、

ドル安、オーストラリアドル高になるとの予測でブログを書いた。

ドル安は、簡単にいうとドルをじゃんじゃんすりまくっているから。

オーストラリアドル高は資源が豊富で、それを背景に高いということ。


ただ、8月ぐらいを気に、一気にオーストラリア安が進んだ。
ドル以外の通貨はすべて安くなった状態。

ということで、予測がはづれたわけである。


この現象を分かりやすく説明しているのが、朝倉慶氏


この問題の一番の原因は、円キャリートレードの逆流である。
今どのような常態かというと、
円が一番高く、その次がドル。ドルに対しては、円以外全部安くなっている状態。

2004年ごろから、新興国への投資が盛んになったわけであるが、

そのとき、円の金利が一番安いので、
円でお金を借りる→ドルにかえる→新興国の通貨に変えて投資する

この流れがあったわけである。

そのため、量的緩和や、金利政策で、円をじゃぶじゃぶの状態にしたにも

かかわらず、円キャリートレードで、資金が海外に流出するという現象が続いたわけである。

それが、サブプライムの影響で冷え込み、一気にこの流れが逆流している

状態が今の状態である。これが慶さんのお話。

なので、円高、ドルに対しては、すべての国の通貨が安いわけである。


予測が、はづれたと書いたが、長期的にみれば、
ドル安、オーストラリア高のポジションは変わっておらず、
現在のデフレ傾向から、一気にインフレ傾向になると予測している。
ちょっと時期についてはちょっと勉強中。

ジャブジャブドルをすっている現時点において
いづれにしても現物を持っている国は強いわけである。







越前 あみだそば その2

テーマ:

進めていた営業代行支援先のあみだそばのECサイトがプレオープン!!


1ヶ月遅れ・・・・。

http://amidasoba.com/   ←こちら

まだまだ変えたいところがあるが、とりあえず、スタート。



クレジット決済もまだできてない始末・・・。



職人さんがすごくて、味がいいのであとは認知をがんばるという感じ


年越しそばが間に合うかは微妙。


がんばりまーす。






少しずつではあるが、

手打ちそばの通販の体制が出来上がってきた。


福井のお客さんとずっと詰めていた話である。

その企業に今年より、大変有名な職人の方が、入ることに。

今年の初めまでは、自分で店を持ってやっていた。事情があって、

たたむことになり、入社。

以前は、難波パークスのめんだらけに出店。

屋号は「あみだそば」というのだが、ブログの書き込みも非常に多い。


商品は間違いなのだが、発送の仕方に非常に試行錯誤。

真空パックがパンパンになったり、常温でおいてしまうとそばがぼろぼろに
なったりと道のりが険しかった。

いろいろと商品を改善してここまで来たというかんじ。


それにしても、やろうと言い出してから、時間がかかった。


いろんな方に協力をしてもらっているが、特に同期のN氏には大変感謝である。


週明けから本格的に始動していきたい。