“いき”ってもんよ! | もと牛飼いの社労士日誌 

もと牛飼いの社労士日誌 

よろしくお願いモ~し上げます♪         


テーマ:

7月9日・10日の浅草・浅草寺。


この両日は『四万六千日(しまんろくせんにち)』と呼ばれる縁日であり、

お参りすると4万6千日、毎日お参りしたのと同じご利益が得られると言われているそうです。


また、同時にほおずき市が開かれており、前々から気になっていた私は、

少し早めに仕事を終え、嫁さまと一緒に行ってきました。



【浅草寺仲見世】


もと牛飼いの社労士日誌-浅草寺参道



仲見世を抜けた境内には、ほおずきを売るお店が所狭しと並んでいます。

ほおずきには風鈴が付けられ、吹き抜ける風と風鈴の音色が涼やかです。



もと牛飼いの社労士日誌-ほおずき③



もと牛飼いの社労士日誌-ほおずき①



もと牛飼いの社労士日誌-ほおずき②


我が家と実家に、小さな籠に入ったほおずきを買いました。


ご利益があるかは分からねぇが、

『縁起物だし、一つ買って帰ろうじゃねぇか!』っていう

その心意気が“いき”ってもんじゃねぇですかい?


ねえ、姐さん。



もと牛飼いの社労士日誌-いきな姐さん



もと牛飼い社労士/根岸

もと牛飼い社労士・根岸雄高さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス