訪問看護とは?

テーマ:

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

訪問看護

 
老人保健法の改正で1992年から始まった制度。主治医の指示のもと、看護師が自宅を訪ねて患者の健康状態を管理する。点滴やたんの吸引などの医療処置のほか、薬剤師と連携して服薬助言もする。患者や家族の精神的な支えになることも多い。訪問看護を行うには複数の看護師が集まって訪問看護ステーションを立ち上げて都道府県に届け出る必要があり、県長寿社会課によると、県内には9月1日現在で109カ所ある。

(2011-10-17 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

 

 

訪問看護は、高齢者のイメージがあるかも知れませんが、小児の医療的ケアの関わりは訪問看護の役割です。

 

訪問看護を必要としているのは、どの年代も変わらないですね音譜

 

https://momonoha.jp/