姫路  RUN伴

テーマ:

RUN伴(ランとも)は、認知症の啓発イベント。あらかじめ設定したゴールまで当事者や家族、支援者、一般市民がタスキリレーをして走るもの。NPO法人認知症フレンドシップクラブが主催し、2011年に北海道内の函館から札幌まで約300キロをリレーしたのが初回[1]。2015年には、北見市から大牟田市までの約3000キロを結んだ[2]。正式名称は、RUN TOMO-RROW(ラントモロー)。

 

 

姫路から赤穂へ
兵庫県ゴールで無事にタスキをつなぎ終わりました。
北海道から沖縄そして台湾に認知症啓発イベントのタスキは繋げてていきます🤗
住み慣れた家で暮らしたいは、認知症があってもなくても変わりないです^_^

 

 

「有限会社もものは」 姫路地域の実行委員をしています。

社会貢献は私達の大切な役割です

 

https://momonoha.jp/